ここから本文です。

更新日:令和3(2021)年5月25日

ページ番号:5372

不妊治療についての助成制度について┃松戸保健所(松戸健康福祉センター)

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う令和2年度の取扱いについて~千葉県児童家庭課ホームページへ~

千葉県特定不妊治療費の助成申請をされる方へ~千葉県児童家庭課ホームページへ~

チーバくん★松戸市・我孫子市・流山市にお住まいの方は・・・

【お問い合わせ・申請窓口】

千葉県松戸健康福祉センター(保健所)地域保健課電話:047-361-2138

申請される方へ

  • 申請される方の新型コロナウイルス感染予防のため、可能な限り郵送による申請をお願いします。
  • 新型コロナウイルスの感染者数増加のため、窓口の受付時間を短縮しています。

なお、至急の場合12時から14時の間も受付いたしますが、お待ちいただくことがありますのでご了承ください。ご協力お願いいたします。

窓口受付時間:午前 9時00分~12時00分

午後 14時00分~17時00分

土曜日、日曜日、祝日、振替休日、年末年始(12月29日から1月3日)は休みです。

松戸健康福祉センター(保健所)で申請時によくある質問(Q&A)

Q、不妊治療のうち、助成対象となるのはどのような治療ですか。

A、不妊治療のうち、申請の対象となるのは体外受精と顕微授精です。(左記治療と併せて行う、精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術についても対象となります。)
人工授精とタイミング療法は対象外となります。

Q、体外受精や顕微授精の治療にかかった費用のうち、申請できる治療費と申請できない治療費を教えてください。

A、助成対象となるのは、治療期間内の保険適用外の治療分で、採卵のための投薬(内服や注射)、採卵や胚移植のための一連の処置、妊娠確認のための検査に係る費用です。助成とならないのは、入院時部屋代、食事療養費、凍結された精子・卵子・受精胚の管理保管料、文書料です。

Q、県外の病院で体外受精や顕微授精の治療を受けました。助成対象になりますか。

A、都道府県や政令指定都市、中核市で、特定不妊治療の指定医療機関として登録されていれば対象となります。指定医療機関であるかの確認は、厚生労働省のホームページ(特定不妊治療医療機関一覧)外部サイトへのリンクを参照してください。

Q、採卵し胚移植を予定していますが、体調が悪く同一年度内に胚移植を行う事が出来ない予定です。申請はどのようにしたら良いでしょうか。

A、採卵・受精後、受精胚を凍結保存し、体調を整えるために周期をあけた後に胚移植を行う予定がある場合は、年度をまたがっている場合でも胚移植までの一連の治療としますので、胚移植後に申請してください。

Q、助成金を受けた後、確定申告の医療費控除は受けられますか。

A、助成申請を受けた際、領収書に「公費負担申請済」を押印し助成金額を記載します。助成金額を差し引いた額を医療費控除として申告する事ができます。

Q、申請してからどのくらいで助成金が振り込まれますか。

A、申請書類を受理後、書類審査を行います。その後承認された方には「決定通知書」を送付しますので、通帳の記帳確認をお願いします。申請から振り込みまでの期間としては大体3~4カ月を要します(振込までの期間は目安となります。進捗状況によっては、振込が目安より遅れる可能性がございますのでご了承ください)。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部松戸保健所地域保健課

電話番号:047-361-2138

ファックス番号:047-367-7554

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?