サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 健康福祉センター(保健所) > 市川健康福祉センター(市川保健所) > 行事(バザー、お祭りなど)で飲食物を提供する場合の届出について

更新日:令和元(2019)年11月5日

行事(バザー、お祭りなど)で飲食物を提供する場合の届出について

  • 地域のお祭りやバザー等の行事を開催し、不特定多数の方に食品の販売や調理提供を行う際は、開催日の2週間前を目安に、開催地を管轄する健康福祉センター(健康福祉センター一覧)に「行事開催届」を提出してください。
  • 行事開催届は、食中毒などの健康被害の発生に備えて、健康福祉センターが事前に出店内容を把握し、取り扱う飲食物や提供方法に対して助言等を行うため提出していただくものです。食品の提供について許可等を与えるものではありません。
  • 行事における出店であっても、営利目的の場合や年間複数回の出店を行う場合、行事開催地以外からの出張出店の場合などは食品営業許可が必要になります。いずれに該当するか不明な場合は、必ず事前に御相談ください。

届出様式及び注意事項

  • 届出は主催者が取りまとめの上、原則来所により提出してください。
  • 移動営業(県内一円で営業可能な簡易な飲食店営業等又は自動車を利用して行う営業)の許可がある出店者については、営業許可証の写しを添付してください。
  • 届出の際に衛生管理方法、取扱い品目等を確認し、衛生指導をさせていただきます。
  • 取扱不可品目(食中毒のおそれが高い品目)が含まれないよう、届出前に下記の「取扱品目について」を十分御確認ください。※電話での事前相談も受け付けております。

届出様式のダウンロード

(記載例)行事開催届(様式第1号から第3号)(PDF:373KB)

※行事の案内ちらし、パンフレットなどがありましたら添付してください。

行事に関するお知らせのダウンロード

取扱品目について

取扱いできない品目

以下の食品は食中毒の危険性が高いので、行事での調理提供は行わないでください。

×米飯類(弁当、おにぎり、寿司、カレーライス、炊き込みご飯など)

×調理パン類(ハンバーガー、サンドイッチなど)

×生クリーム、カスタードクリーム(要冷蔵のもの)を使用した食品

×加熱しない野菜類を使用した食品(きゅうりの一本漬け、キャベツ千切りなど)

×前日調理品(調理は販売直前に行ってください)

以下の食品の販売には食品営業許可が必要です。

×牛乳、乳飲料、生肉、鮮魚

行事で取り扱える食品

  1. 包装済みの市販品を開封せずに販売する場合(食品表示が必要です。)
  2. 調理工程が簡単で、現場では加熱又は単一加工のみを行う食品

例)おでん、豚汁、焼き鳥、いか焼、たこ焼き、お好み焼き、じゃがバター、蒸しシュウマイ、焼きそば、温うどん・そば、ホットドッグ、かき氷、しるこ、甘酒、コーヒー

今川焼、焼き餅、焼きまんじゅう、蒸しまんじゅう、べっこう飴、果実飴、かるめ焼、綿菓子、チョコバナナ、ポップコーン

※例示に無い食品を取り扱いたい場合は、事前に御相談ください。

行事開催後、喫食者に複数の体調不良者が出るなど食中毒の発生が疑われた場合は、速やかに管轄の健康福祉センターまで届け出てください。

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部市川健康福祉センター生活衛生課

電話番号:047-377-1103

ファックス番号:047-377-5013

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?