ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年12月26日

ページ番号:5007

長生地域の感染症情報

トピックス

風しんについて

風しんは、風しんウイルスによって引き起こされる感染症で、主な感染経路は飛沫感染です。
感染すると通常14~21日後に発熱、発疹、リンパ節腫脹が出現します。
風しんに感受性のある妊娠20週頃までの妊婦が感染すると、風しんウイルスが胎児におよび、先天異常を含む様々な症状を呈する先天性風しん症候群が出現することがあります。

2019年の千葉県における風しんの届出数は、50週まで(1月1日~12月15日)に200例となっています。
管内医療機関からの届出は、第13週(3月25日)に1例ありました。

風しんについて(厚生労働省ホームページ)外部サイトへのリンク

感染予防のポイント

風しんを疑う症状が現れた場合は、周囲への感染を防ぐため、必ず事前に医療機関に電話でその旨を伝え、医療機関の指示に従って受診してください。
受診時は、公共交通機関等の利用を避け、特に妊婦との接触を避けましょう。

風しんには予防接種が有効です。
予防接種を受けていない方や予防接種歴が不明な方は、かかりつけ医に相談の上、抗体検査や予防接種を検討してください。
また、定期接種は確実に受けましょう。

千葉県風しん抗体検査(県疾病対策課ホームページ)

先天性風しん症候群の発生を防ぐ観点から、これまで風しんワクチン接種の機会がなく、風しん抗体保有率が他の世代に比べて低い男性(昭和37年度~昭和53年度生まれ)に対し、2019年4月より抗体検査と定期接種が開始されています。

風しんの追加対策について(厚生労働省のホームページ)外部サイトへのリンク

過去のトピックス

中東呼吸器症候群(MERS)について

デング熱関連

平成26年9月5日現在、長生保健所管内において、デング熱の患者は発生しておりません。

インフルエンザ情報

インフルエンザは、突然の高熱、頭痛、関節痛など、普通の風邪に比べて全身症状が強く、気管支炎や肺炎など合併し重症化することが多いので、体力のない高齢者や乳幼児などは、特に注意が必要です。

千葉県では「咳エチケット」を推奨しています。

  1. 咳・くしゃみが出たら、マスクを着用しましょう
  2. マスクを持っていない場合は、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけて1メートル以上離れましょう
  3. 鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨てましょう
  4. 咳をしている人にマスクの着用をお願いしましょう

インフルエンザ関係リンク

感染性胃腸炎について

ノロウイルスによる感染性胃腸炎は、年間を通じて発生しますが、特に秋から春にかけての冬場に多く発生します。

学校、保育園、社会福祉施設など集団生活をする施設で発生した場合は、集団感染になることがあるので注意が必要です。

<学校・病院・社会福祉施設等における注意事項>

  1. 日ごろから、児童・生徒・職員等の健康管理に努める。
  2. 施設内で嘔吐物やふん便を処理する時には、ビニール手袋や使い捨てマスクを用い、汚れた床・用具などは適正な濃度の塩素系消毒薬で消毒する。
  3. 嘔吐物やふん便の処理後は、よく手を洗い、うがいをする。
  4. 複数の患者発生時等には、速やかに管轄健康福祉センター(保健所)へ連絡する。

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎について

【症状】潜伏期は2~5日で、突然の発熱と全身倦怠感、咽頭痛によって発症し、しばしば嘔吐を伴います。

指定届出機関からの届出疾患となっていますが、管内の届出機関あたりの報告数は、県全体よりも比較的高い値で推移しています。

感染症発生動向調査のデータによると、冬季および春から初夏にかけての2つの報告数のピークが認められていますので、今後注意が必要です。

感染症報告数情報

2019年第1週から第50週(1月1日から12月15日)までに長生保健所が管内医療機関から受理した件数は以下のとおりです(管内居住者の感染症発生状況とは異なります)。

類型

件数

内訳

1類感染症

0

2類感染症

5

結核5件

3類感染症

3

腸管出血性大腸菌感染症3件

4類感染症

0

5類感染症

39

侵襲性肺炎球菌感染症1件

麻しん1件

風しん1件

梅毒1件

百日咳33件

アメーバ赤痢1件

ジアルジア症1件

 

感染症法第12条に基づき、該当疾患を診断した場合は保健所へ届出をお願いいたします。

感染症法に基づく医師の届出のお願い(厚生労働省ホームページ)外部サイトへのリンク

感染症発生時における保健所への報告

学校、社会福祉施設等において、感染症や食中毒が発生した場合、あるいはその疑いがある場合は、保健所へ報告をお願いします。

感染症発生時における保健所への報告

社会福祉施設等における感染症対策・報告について(県健康福祉指導課ホームページ)

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部長生健康福祉センター健康生活支援課

電話番号:0475-22-5167

ファックス番号:0475-24-3419

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?