ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 健康づくり・病気予防 > がん対策 > 緩和ケア体制の整備に関すること > 介護スタッフ向けのがん終末期緩和ケアマニュアルを全国に先駆けて作成

報道発表資料

更新日:平成29(2017)年10月28日

介護スタッフ向けのがん終末期緩和ケアマニュアルを全国に先駆けて作成

発表日:平成29年10月27日

健康福祉部健康づくり支援課

千葉県では、急速な高齢化が進み、今後は高齢のがん患者は増える見込みであり、老人ホームや介護施設等のさまざまな施設で過ごす患者が増えることが予想され、介護スタッフへの緩和ケアの普及が必要と考えられます。

そこで、県では、住み慣れた施設において、終末期のがん患者が心地よい介護を受けることで、最後まで穏やかな療養生活を送れるよう、症状別の具体的なケア方法をまとめたマニュアルを全国に先駆けて作成しました。

マニュアルの名称

『介護スタッフのための緩和ケアマニュアル~がん患者さんとご家族が心穏やかに過ごせるように~』

作成の目的

「がん終末期」の患者さんが、生活している施設において、介護スタッフから心地よい介護を受け、最後まで穏やかな療養生活を送ることを支援するために、がん患者さんの最後に起こってくる症状や経過、ケアの実際、留意点を緩和ケアマニュアルとしてまとめました。

マニュアルの内容

  1. 住み慣れた施設において「がん終末期」の患者さんの生活を支援するためのマニュアルです。
  2. 「がん患者」と「高齢者」のケアの違いに配慮し、介護スタッフが患者さんとご家族に対しどのようにかかわればよいかを具体的、実践的に示しました。
  3. 介護スタッフに医療的な問題で負担がかからないよう、医療職との連携、医療職の役割についても記載しました。

規格、印刷部数

A4サイズカラー版46ページ(表紙4ぺージ含む)

カラー版1500部、白黒版4000部

配付方法、配付先

県内の高齢者・介護関連施設、訪問介護事業所・訪問看護事業所全数に、マニュアルを配付します。その際、公表ホームページの案内も行います。

また、がん診療連携拠点病院、千葉県がん診療連携協力病院、在宅緩和ケア充実診療所、地域包括支援センター、市町村、健康福祉センター等にも配付予定です。

利用方法

  1. マニュアルは、ホームページに公開し、自由にダウンロード、複写ができます。
  2. 介護スタッフを対象とした緩和ケア関係の研修会等に活用します。
  3. 地域の医療・福祉従事者の連携や、ご家族の支援、家庭でのケア等にも活用いただきたいと考えています。

介護スタッフのための緩和ケアマニュアル

介護スタッフのための緩和ケアマニュアル(千葉県がん情報「ちばがんなび」)外部サイトへのリンク

その他

マニュアルは、「千葉県がん対策審議会緩和ケア推進部会」「介護職に対する終末期緩和ケアマニュアル作成検討会」で各委員が現場で接してきたがん患者さん・ご家族を思いながら討議を重ね、実践経験で得られた知見や技術をまとめる形で作成しました。

参考資料

どこで最期を迎えたいのか希望(千葉県)

区分 割合
自宅で最期まで療養したい 35.7%
医療機関に入院して最期を迎えたい 27.8%
介護保険施設(特別養護老人ホーム・介護老人保健施設など)に入所して最期を迎えたい 10.1%
わからない 20.3%
その他 6.2%

出典:「終末期医療のあり方について」(千葉県)(平成27年2月インターネットアンケート調査)

死亡場所の状況(千葉県)

区分 死亡総数 うち
がん死亡
自宅 8,534人
(15.1%)
2,185人
(13.0%)
病院等 42,703人
(75.7%)
14,060人
(83.7%)
老人ホーム 2,954人
(5.2%)
341人
(2.0%)
介護老人保健施設 1,122人
(2.0%)
98人
(0.6%)
その他 1,083人
(1.9%)
114人
(0.7%)

全体総数

56,396人 16,798人

出典:平成28年千葉県衛生統計年報(人口動態調査)

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康づくり支援課がん対策班

電話番号:043-223-2686

ファックス番号:043-225-0322

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?