ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年3月8日

平成29年度(第56回)千葉県公衆衛生学会報告

1目的

公衆衛生事業に携わる者が、日常活動の業績及び研究の成果を発表し、相互の討議を行うことによって公衆衛生活動に従事する者の資質の向上を図るとともに、公衆衛生行政及び地域保健の推進を図る。

2主催

千葉県、千葉市、船橋市、柏市、千葉県公衆衛生協会

3対象

衛生技術者、公衆衛生関係研究者、その他公衆衛生事業に従事する個人等、千葉県公衆衛生協会会則の目的に賛同する者

千葉県公衆衛生協会会則(抄)

(目的)

第2条 この会は、公衆衛生に関する会員相互の知識技能の向上を図り、もって県民の保健衛生に寄与することを目的とする。

4日時

平成30年2月1日(木曜日)

午前10時~午後4時40分(総会午前9時45分~)

受付時間:午前9時30分~

5会場

千葉県文化会館

千葉市中央区市場町11番2号(電話:043-222-0201)

6学会日程

時間

内容

9時30分

受付

9時45分

千葉県公衆衛生協会総会

10時00分

開会式

主催者あいさつ

第55回千葉県公衆衛生学会優秀演題・奨励賞紹介

 

全国保健所長会70周年記念特別表彰受賞者紹介

 

第63回全国保健所長会会長賞受賞者紹介

 

平成29年度千葉県保健所長会会長賞表彰

10時30分

★特別講演

「健診を通した健康づくり」

~千葉県を日本一の健康長寿県に~

講師:公益財団法人 ちば県民保健予防財団

理事長 藤澤 武彦 氏

11時30分から

★教育講演

「千葉県における健康づくり施策について」

講師:千葉県健康福祉部健康づくり支援課

課長 髙岡 志帆 氏

13時00分

一般口演分科会

16時40分

閉会

7分科会プログラム

8優秀演題(3題)

  • 難病患者支援における保健所の役割-介護支援専門員の実態調査から-
    小宮朋子【安房健康福祉センター(安房保健所)】ほか3名
  • 地域包括ケアの情報伝達を災害時に生かす取り組み~災害対策と連動させた地域包括ケア「曲げダルマップ」~
    石井恵里子(南房総市健康支援課)ほか1名
  • 千葉県内におけるカンピロバクターの分離状況及び薬剤感受性試験結果を用いた一考察
    安藤直史(千葉県衛生研究所)ほか1名

9奨励賞(3題)

  • がんをテーマとしたLearning Partner Modelによる健康情報普及の評価~市原市の取り組み~
    遠藤仁美(市原市保健センター)ほか5名
  • 学習塾を中心とした結核集団感染事例の接触者健診について~対象者の選定と結果・マネジメントに焦点をあてて~
    魚住有希子(船橋市保健所)ほか4名
  • 配食事業を通じた地域高齢者の食生活支援について
    多田久美子【松戸健康福祉センター(松戸保健所)】ほか4名

10発表された演題数・参加者

  • 演題数:55題
  • 参加者:375名

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康づくり支援課健康ちば推進班  

電話番号:043-223-2661

ファックス番号:043-225-0322

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?