ここから本文です。

更新日:令和3(2021)年2月15日

ページ番号:416846

パルスオキシメーターの使い方|ご自宅で療養される方へ

パルスオキシメーターの使い方

現在、新型コロナウイルス感染症によりご自宅で療養される方の中で、保健所長が必要と判断した方には、パルスオキシメーターをお渡ししています。
使用や、健康観察時の報告については、ご自身の療養を担当する保健所の案内に従ってください。

(注意)ご自宅で療養されている方以外の方がパルスオキシメーターをお使いの場合は、必ず、かかりつけ医にご相談ください。

(解説)パルスオキシメーター:血液中の酸素飽和度をはかる機器です。呼吸により体に酸素が十分とりこめているかどうかの目安となります。

使い方

  1. いすに座り、数回深呼吸します。
  2. 電源ボタンを押します。
  3. クリップ部分をつまんで、指ホルダーを開きます。
  4. 指ホルダ―に、指を入れます。
  5. 指を入れて固定するとはかり始めます。
  6. 数値が表示されたら記録しておきます。(SpO2:酸素飽和度、PR:脈拍数)
  7. はかり終わったら指をはずします。
  8. 酸素飽和度の数値が95以下だった場合は、深呼吸してからもう一度はかりなおしてください。
    はかりなおしても数値が95以下の場合は、ご自身の療養を担当する保健所までご連絡ください。

自宅療養者向けパルスオキシメーターの使い方動画外部サイトへのリンク
「使い方」が基本の使い方です。
「使い方(注意点)」は、正しくお使いいただくための、注意点について説明したものです。

正しく測定するための注意点

  • マニキュアを塗っていない指ではかってください。
  • 汚れていないゆびではかってください。
  • 指先が冷えている場合は、よくあたためてからはかってください。
  • 日光など、強い光があたらない場所ではかったください。
  • センサー部分(光っているところ)に、指が触れるようにつけてください。
  • はかっている間は、手や体をうごかしたり、しゃべらずに、静かに呼吸してください。