ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > QA(くらし・福祉・健康) > QA(健康・医療) > 精神科の薬ではどんな副作用がありますか。

更新日:令和2(2020)年10月28日

ページ番号:336018

精神科の薬ではどんな副作用がありますか。

質問

精神科の薬ではどんな副作用がありますか。

回答

精神科の薬のなかで、代表的な抗精神病薬の副作用については、古くから使われている抗精神病薬(定形抗精神病薬)は手が振るえて力が入らなくなったり、歩き方が前のめりになったり、首が曲がったりする「錐体外路症状」というパーキンソン病に似た副作用が起こりやすく、また口渇や便秘、排尿障害等も比較的多い副作用とされています。

現在主に用いられている「非定形抗精神病薬」はこういった副作用が少ないとされています。しかし、新しいお薬の中には食欲を高め体重を増加させたり、血糖値や血清脂質の上昇を招くことが知られています。定期的に血液検査などを行って注意深く使用していく必要があります。

このようにいくつもの副作用が知られている抗精神病薬ですが、精神疾患は適切な薬を自己中断せず継続服用することで再入院率を低く抑えることが分かっています。
大事なことは「副作用が出るから飲まない」ではなく、できるだけ早く医師に相談し最適なお薬を早く決めることでしょう。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康福祉指導課企画情報班

電話番号:043-223-2607

ファックス番号:043-222-6294

*****このページでは一般的な事例をまとめたものです。こちらの問い合わせ先で個別の相談は受け付けておりません*****

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?