ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 福祉・子育て > 福祉人材の養成・確保 > 【日程変更】令和2年度千葉県認知症対応型サービス事業管理者等研修のお知らせ > 令和2年度第3回千葉県認知症対応型サービス事業管理者研修の募集について

更新日:令和2(2020)年9月15日

ページ番号:388964

令和2年度第3回千葉県認知症対応型サービス事業管理者研修の募集について

単独型・併設型指定認知症対応型通所介護事業所、共用型指定認知症対応型通所介護事業所、指定小規模多機能型居宅介護事業所、指定認知症対応型共同生活介護事業所、指定看護小規模多機能型居宅介護事業所、単独型・併設型指定介護予防認知症対応型通所介護事業所、共用型指定介護予防認知症対応型通所介護事業所、指定介護予防小規模多機能型居宅介護事業所、指定介護予防認知症対応型共同生活介護事業所の管理者(管理者就任予定者も含む。)を対象とした研修です。

研修日程

令和2年11月16日(月曜日)から11月20日(金曜日)(前半)

令和2年12月22日(火曜日)、12月23日(水曜日)(後半)

※前半と後半の間に1か月間の自施設実習を行う。

募集期間

令和2年9月17日(木曜日)から10月1日(木曜日)

開催場所

千葉県経営者会館(千葉市中央区千葉港4-3)

募集人数

40名
「受講対象者」
千葉県内(千葉市を除く)に所在地を有する単独型・併設型指定認知症対応型通所介護事業所、共用型指定認知症対応型通所介護事業所、指定小規模多機能型居宅介護事業所、指定認知症対応型共同生活介護事業所、指定看護小規模多機能型居宅介護事業所、単独型・併設型指定介護予防認知症対応型通所介護事業所、共用型指定介護予防認知症対応型通所介護事業所、指定介護予防小規模多機能型居宅介護事業所、指定介護予防認知症対応型共同生活介護事業所の管理者又は管理者になることが予定されている方。

なお、参加希望者が多数の場合は、選考により決定します。

内容

単独型・併設型指定認知症対応型通所介護事業所、共用型指定認知症対応型通所介護事業所、指定小規模多機能型居宅介護事業所、指定認知症対応型共同生活介護事業所、指定看護小規模多機能型居宅介護事業所、単独型・併設型指定介護予防認知症対応型通所介護事業所、共用型指定介護予防認知症対応型通所介護事業所、指定介護予防小規模多機能型居宅介護事業所、指定介護予防認知症対応型共同生活介護事業所の管理者(管理者就任予定者も含む)を対象とした研修です。

※全課程を修了した方に、知事名による修了証書を交付します。なお、受講に際し、遅刻・欠席・早退や不正行為があった場合は、修了証書は交付しません。

費用

13,000円(一部免除の場合は6,000円)

申込方法

受講を希望する方は、受講申請書(下記からダウンロードできます)に必要事項を記入して、

  • 受講者の写真貼付の身分証明書(運転免許証等)の写し
  • 返信先(施設等)の郵便番号・住所・氏名を記入した「ラベルシール」(2枚)
  • 120円分の切手
  • 一部免除を希望する場合は、実践者研修又は旧痴呆症介護研修(基礎課程)の修了証書の写し

以上を同封のうえ、事業所の所在する市町村まで郵送または持参してください。

「留意事項」

  1. この研修を必ず受講しなければならない事情がある場合
    受講を希望する方の所属する事業所等の長から市町村の長あての推薦書(任意様式)を提出してください。
    受講申請書の余白部分に、その理由を記入してください

    (記入例)
    ・現在、管理者がいない。
    ・管理者はいるが、今後すぐ退職することとなっている。
    (この場合は「令和○年○月○日退職予定」などと記入)
  2. お申し込みは1施設・事業所につき、1名とさせていただきます。
    ただし、グループホームの新設等により2名以上受講させたいなど特別な事情がある場合は、申し込む前に下記問い合わせ先へご相談ください。

「申込期限」

10月1日(木曜日)必着。(持参の場合は10月1日(木曜日)午後5時)