ここから本文です。

報道発表案件

更新日:令和3(2021)年11月26日

ページ番号:478778

新たな臨時の医療施設及び宿泊療養施設の設置について

発表日:令和3年11月25日
健康福祉部健康福祉政策課

県では、今後の新型コロナウイルスの感染再拡大に備え、臨時の医療施設と宿泊療養施設の機能を兼ね備えた多目的な施設(約160床)を、千葉市内の民間研修施設を活用して、新たに設置します。
なお、実際の運用開始については、今後の感染者数や病床稼働率等を踏まえ、判断します。

施設の概要

  • 場所 ちばぎん研修センター(千葉市稲毛区長沼町297)
  • 構成 
  1.  臨時の医療施設:研修センターの研修室、宿泊部屋(個室)を活用して、約110床を整備予定
  2. 宿泊療養施設:研修センターの駐車場を活用して、プレハブ型の施設を設置し、約48室(約50床)を整備予定(各室シャワー、トイレ完備)

※ 上記を加えた県内施設の設置状況
臨時の医療施設:2施設(他は千葉県がんセンター(千葉市内))
宿泊療養施設 :10施設(合計1,438室)

施設の運用方式

医療従事者の配置、配食、清掃、リネン交換などの一連の業務を民間への包括外部委託により、実施予定

運用開始後の実施体制(予定)

24時間体制で複数の医師(夜間は、オンコール対応)、看護師、生活支援スタッフを配置(人数は、稼働状況により変動)
実際の運用開始については、今後の感染者数や病床稼働率等を踏まえ判断

 

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康福祉政策課健康危機対策室

電話番号:043-223-2675

ファックス番号:043-222-9023

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?