ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > まちづくり > 建築・建設・不動産事業者の方へ > 建設関係 > 建設業許可について > 令和元年台風第19号による災害の発生に伴う建設業法上の特例措置について

更新日:令和元(2019)年11月18日

令和元年台風第19号による災害の発生に伴う建設業法上の特例措置について

建設業許可の有効期間の延長について

 令和元年10月18日付けで国土交通省土地・建設産業局建設業課長より通知があり、令和元年10月10日から令和2年3月30日まで建設業許可の有効期間を満了する下記の特定被災地域内に主たる営業所を有する建設業許可業者(令和元年10月9日までに更新を受けた場合を除く)については、有効期間の満了日を一律に令和2年3月31日とすることされました。                               

 ただし、千葉県知事許可業者については、対象業者のうち、従前の許可満了日までに更新申請があった業者が、本来の許可満了日を基準とする更新手続きを希望する場合、差支えないものとし、次のとおり対応することとします。

千葉県知事許可業者の対応について

1従前の許可満了日までに更新申請があった業者について                      

以下の2つの選択が可能になり、申請窓口の土木事務所において意思確認を行います。                              (1)特例措置を受けず、本来の許可満了日を基準として更新手続きを行う。                         (2)特例措置を受け、許可満了日を令和2年3日31日として更新手続きを行う。                ※ただし、(2)については、許可日が変わってしまうこと、本来の許可満了日~令和2年3月31日の期間の許可書が発行されないことについて、ご注意ください。

例:延長前の許可満了日が令和元年10月30日(従前の許可有効期間:平成26年10月31日~令和元年10月30日)の業者の更新後の許可有効期間について                                   ・上記(1)の特例措置を受けない場合・・令和和元年10月31日~令和6年10月30日               ・上記(2)の特例措置を受ける場合・・・令和2年4月1日~令和7年3月31日               ※ただし、令和元年10月31日~令和2年3月31日の期間の許可書が発行されないことに注意。

 (注)一部の対象業者に対しては、既に従前の許可満了日の翌日から5年間の許可書を送付済みですが、おって意思確認のための文書を通知(許可書に同封の場合もあります。)し、その回答を確認の上、希望者には改めて令和2年4月1日~令和7年3月31日までの許可書を所管の土木事務所で交付(既にお送りしている許可書と交換)いたします。

2延長前の許可満了日~令和2年3月30日までに更新申請があった対象業者について

一律、特例措置を受けるものとして、令和2年4月1日を許可日とした手続きを行います。

千葉県の特定被災地域について

千葉市(美浜区を除く)、銚子市、館山市、木更津市、茂原市、成田市、佐倉市、東金市、旭市、勝浦市、市原市、鴨川市、君津市、富津市、四街道市、袖ケ浦市、八街市、印西市、富里市、南房総市、匝瑳市、香取市、山武市、いすみ市、大網白里市、酒々井町、栄町、神崎町、多古町、東庄町、九十九里町、芝山町、横芝光町、一宮町、睦沢町、長生村、白子町、長柄町、長南町、大多喜町、鋸南町

※詳細の適用状況については内閣府ホームページ外部サイトへのリンクを参照のこと。

変更届出(建設業法第11条及び第12条の規定に基づくもの)について

 上記特定被災地域内に主たる営業所有する千葉県知事許可業者において、届出を行うべき期限が令和元年10月10日から令和2年1月30日までに到来する届出については、令和元年1月31日までに当該届出を行えばよいものとします。

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:県土整備部建設・不動産業課建設業班

電話番号:043-223-3108

ファックス番号:043-225-4012

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?