ここから本文です。

ホーム > 防災・安全・安心 > 地震・津波対策 > 地震の揺れや津波に備える > 建築物の耐震化 > 耐震診断義務付け対象建築物の耐震診断の結果(報告の期限が平成28年12月末のもの)の公表及び追加指定について

報道発表案件

更新日:令和元(2019)年8月14日

耐震診断義務付け対象建築物の耐震診断の結果(報告の期限が平成28年12月末のもの)の公表及び追加指定について

発表日:平成30年3月27日

県土整備部建築指導課

 千葉県が所管する区域※の「耐震診断義務付け対象建築物」のうち、平成28年12月末が報告期限であるものの耐震診断の結果について、建築物の耐震改修の促進に関する法律(以下「法」といいます。)に基づき公表します。
 また、今回、千葉県内で8棟を「要安全確認計画記載建築物」に追加して指定しました。
 県では、耐震診断の結果を踏まえ、今後、耐震性の不足する建築物については、当該所有者に対し、耐震化を促してまいります。

※ 千葉県が所管する区域とは

  • 千葉市、市川市、船橋市、松戸市、柏市、市原市、佐倉市、八千代市、我孫子市、浦安市、習志野市、木更津市及び流山市の計13市を除く区域。

1 耐震診断義務付け対象建築物について

千葉県では、大規模な地震が発生した場合にその利用を確保することが公益上必要な施設(千葉県地域防災計画又は市町村の地域防災計画で応急対策活動拠点や避難所などの防災拠点となる建築物等)を、市町村等の意向を踏まえ、「要安全確認計画記載建築物」として千葉県耐震改修促進計画で位置付け、耐震診断を義務付けています。(別紙1(PDF:69KB)参照)
 平成29年3月に、耐震診断の報告期限が平成27年12月末である建築物の結果の公表をしました。

2 要安全確認計画記載建築物とは

 今回、報告期限が平成28年12月末である11棟(平成27年3月に追加指定)について、所有者から報告された耐震診断の結果をとりまとめたので公表します。(別紙2(PDF:90KB))

耐震診断結果の概要
<要安全確認計画記載建築物の耐震診断の結果の集計>(平成28年12月末報告期限)

報告棟数

I

地震に対する安全性

倒壊・崩壊の
危険性が高い

II

地震に対する安全性

倒壊・崩壊の
危険性がある

III

地震に対する安全性

倒壊・崩壊の
危険性が低い

耐震改修工事中

11

1

1

8

1

I、II及びIIIの区分は、震度6強から7に達する程度の大規模の地震に対する安全性を示します。
いずれの区分に該当する場合であっても、違法に建築されたものや劣化が放置されたものでない限りは、震度5強程度の中規模地震に対しては損傷が生ずるおそれは少なく、倒壊するおそれはないとされています。

耐震診断の結果の公表に関する補足説明

関連するホームページ【「耐震診断義務付け対象建築物」の耐震診断の結果の公表について】

 「要緊急安全確認大規模建築物」及び「要安全確認計画記載建築物」の耐震診断の結果は、以下の千葉県のホームページにおいて公表すると共に、建築指導課の窓口にて閲覧することができます。

3 要安全確認計画記載建築物の追加指定について

今回、定期的な見直しとして、千葉県耐震改修促進計画を一部改定し、市町村等の意向を踏まえ、次の8棟について、要安全確認計画記載建築物に指定しました。

所在地 建築物名称 報告の期限
木更津市 木更津市立八幡台公民館 平成31年12月末
柏市 柏市水道部庁舎 平成31年12月末
勝浦市 旧勝浦市興津中学校 平成31年12月末
鴨川市 鴨川市立国保病院 平成31年12月末
四街道市 四街道市役所本庁舎 平成31年12月末
八街市 八街市役所(第2庁舎) 平成31年12月末
神崎町 神崎町役場 平成31年12月末
神崎町 町民体育館 平成31年12月末

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:県土整備部建築指導課耐震防災室

電話番号:043-223-3184

ファックス番号:043-225-0913

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?