ここから本文です。

ホーム > 防災・安全・安心 > 地震・津波対策 > 地震の揺れや津波に備える > 建築物の耐震化 > コンクリートブロック塀等の緊急点検 > コンクリートブロック塀等の緊急点検の実施及び安全対策の徹底について

報道発表資料

更新日:平成30(2018)年7月3日

コンクリートブロック塀等の緊急点検の実施及び安全対策の徹底について

発表日:平成30年6月21日

県土整備部建築指導課

県では、平成30年6月18日(月曜日)に大阪府北部を震源とする地震によりブロック塀が倒壊し、通学途中の児童が死亡する痛ましい事案が発生したことから、下記のとおり緊急点検等を実施するよう、関係土木事務所に通知しました。
また、これに併せ関係市町村に協力依頼をするとともに、特定行政庁※である市に対しても安全対策の徹底について要請しました。
なお、通知文は別添のとおりです。

※特定行政庁とは、建築主事を置く市をいう。
・特定行政庁(21市、限定特定行政庁8市を含む。)
千葉市、市川市、船橋市、松戸市、柏市、市原市、佐倉市、八千代市、我孫子市、浦安市、習志野市、木更津市、流山市、鎌ケ谷市、野田市、君津市、成田市、茂原市、四街道市、白井市、印西市

1.緊急点検の実施について

従前から実施していた「コンクリートブロック塀等点検調査」における危険な塀(未改善の68件)に係る点検調査を実施します。

「コンクリートブロック塀等点検調査」(昭和63年度~)

  • 小学校、幼稚園、保育園のスクールゾーンを中心とした点検調査の実施
  • 点検調査、改善指導、追跡調査(年1回)
  • リーフレットの配布による正しい施工方法等の啓発
点検調査の実施状況
項目 件数 備考
調査及び点検件数

3,073

(平成2年度末)
改善が必要とされた件数

285

(平成2年度末)

うち改善件数

217

(平成29年度末)

うち未改善件数

68

(平成29年度末)

2.点検対象の再調査の実施について

従前からの点検調査範囲について、スクールゾーンの再確認等を行いながら見直しを図り、新たに築造されたものを含め点検対象を再調査した上で、あらためて点検調査を実施します。

実施時期:緊急点検後速やかに実施

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:県土整備部建築指導課耐震防災室

電話番号:043-223-3184

ファックス番号:043-225-0913

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?