サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 観光・特産品 > 観光振興施策 > 平成30年度外国人観光客誘致のための公衆無線LAN環境整備費用補助金制度について

更新日:平成30(2018)年7月9日

平成30年度外国人観光客誘致のための公衆無線LAN環境整備費用補助金制度について

東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴い、今後多くの外国人観光客が本県を訪れることが見込まれます。一方、旅行中の外国人観光客からは、日本では無料公衆無線LAN環境が十分に整備されていないことから、スマートフォンやタブレット端末がインターネットにつながらないため、観光情報などが入手できず困ったとの声が寄せられています。このため、外国人観光客の利便性を向上させ、本県の観光地としての魅力を高めるため、県内での無料公衆無線LAN環境の整備を促進することとし、その経費の一部を助成します。

※補助金交付要綱・提出必要書類・様式等は変更になる可能性があります。

外国人観光客誘致のための公衆無線LAN環境整備事業について(PDF:85KB)

外国人観光客のための公衆無線LAN環境整備事業補助金交付要綱(PDF:423KB)

補助金手続の流れ(PDF:36KB)

1.補助対象となる団体

  1. 市町村
  2. 市町村が構成員となる団体
  3. 継続的な事業実施が見込める団体(観光協会、商工会)
  4. 県内宿泊施設(旅館業法の許可を受けて営業を行っている宿泊施設とし、風営法の「店舗型性風俗特殊営業」を行っている施設を除く。)

※設置後の公衆無線LAN機器の所有権は、申請主体である補助対象団体が有して頂くことになります。

2.予算額

1億円

3.補助内容

補助率:対象経費の3分の2以内

補助額上限:1団体あたり500万円(1つの法人で複数の宿泊施設を経営している場合は、1法人あたり500万円)

4.補助対象:公衆無線LAN環境の整備に係る経費

  1. ネットワーク回線設置に係る費用(※1)
  2. 無料公衆無線LAN環境整備に必要な機器等の購入及び設置工事に係る費用
  3. 無料公衆無線LAN環境整備に係る役務の利用費(※2)
  4. ネットワーク回線工事及び無線機器設置のため必要な、電波状況や建物等の環境調査費用
  5. 整備計画策定に係る費用
  6. ホームページの作成等公衆無線LANを活用した外国人観光客誘致のための情報発信費用(※3)

※1回線の維持費(毎月の回線利用料等)は補助対象外です。

※2無料公衆無線LAN環境整備に係る役務とは、無料チケットやカードの作成・配付や、短期滞在外国人旅行者等に対して、既存の有料公衆無線LAN環境を無料で開放すること等、利便性向上のために必要となるシステム等を指します。

※3公衆無線LAN整備と同時に新規に作成するものであり、公衆無線LANへの接続を案内するものであること、多言語対応であること等に限ります。また、費用は、1~5の公衆無線LAN整備費に6分の1を乗じて得た額以内を補助対象経費とします。

5.補助対象施設

  1. 市町村の場合:市町村が所有又は管理する施設(職員の執務場所を除く)であって、多くの外国人観光客が自由に利用できる施設
  2. 市町村が構成員となる団体:団体又は当該団体の構成員が所有又は管理している施設であって、多くの外国人観光客が自由に利用できる施設
  3. 継続的な事業実施が見込める団体:観光協会、商工会議所、商工会、商店街等継続的な事業実施が見込める団体又は当該団体の構成員が所有又は管理する施設の敷地内にある次の施設

<1>宿泊施設の敷地内にある次の施設

(1)客室

(2)ロビー

(3)食堂・宴会場

(4)その他多くの外国人観光客が自由に利用できる施設

<2>団体構成員の店舗等であって、多くの外国人観光客が無料で入場できる施設

<3>観光案内所等多くの外国人観光客の訪問が見込める入場無料の施設

<4>その他多くの外国人観光客が無料で利用できる施設

4.宿泊施設:客室、ロビー、食堂・宴会場、その他多くの外国人利用者が自由に利用できる施設

6.応募書類

  1. 交付申請書様式(ワード:82KB)
  2. 交付申請書(別紙3)役員等名簿様式(エクセル:22KB)
  3. 整備箇所の概要がわかるもの(※地図、パンフレットなど)
  4. 整備に係る見積書
  5. 設計図面
  6. 現況写真(※整備予定場所の写真)
  7. 旅館営業許可書の写し(宿泊施設の場合)
  8. 履歴事項全部証明書の写し(法人の場合)
  9. 外国人観光客誘致に取り組むと認められる資料様式(ワード:24KB)(様式に記載する内容以外にも、具体的な取組みや取組み予定が分かる資料があれば添付してください。)

【参考】交付申請書の記載方法について

申請書記載方法について(法人)(PDF:133KB)

申請書記載方法について(市町村)(PDF:105KB)

申請書記載時の注意点について(PDF:63KB)

7.応募期間

随時(予算が無くなり次第終了)

※留意事項

平成31年3月上旬までに事業の完了が確実に見込めるもののみ応募可能です。(事業の完了とは、工事が完了し、代金の支払いまで完了した時点です。)

8.受付方法

紙文書1部を郵送または持参してください(持参の場合は、事前に御連絡願います。)

また、電子データ(記入済みの様式)をメールで送付してください。

※「6.応募書類」がすべて揃って提出された段階で受付となります。

※応募書類を審査の上、採択可能な場合は、補助金額の交付決定をします。

9.応募にあたっての注意事項

  • 申請書類の作成および提出等に係る一切の手続は、必ず申請者自身が行ってください。
  • 補助金は、事業完了を確認した後の支払いとなります。(※先に全額立替払いをしていただきます。)
  • 整備費用全額について自己資金(融資でも可)が確保されている場合のみ応募可能です。
  • 既に整備に着手(契約・工事済みなど)しているものは応募できません。
  • 県から補助金交付決定通知を行った後でなければ契約・工事を行うことはできません。
  • レンタル・リースは補助対象とはなりません。
  • 補助金支払い後5年間は県の許可なく公衆無線LANの機器を処分してはいけません。
  • 必ずしも要望通り補助採択できるとは限らないので、御了承ください。

10.提出先

千葉県商工労働部観光企画課オール千葉おもてなし推進班

住所:〒260-8667千葉県千葉市中央区市場町1-1

電話:043-223-3492(9時00分から12時00分、13時00分から17時00分)

メールアドレス:kanko-o@mz.pref.chiba.lg.jp

※メール1通につき、3MB以内のデータ容量しか受信できませんのでご注意ください。

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:商工労働部観光企画課オール千葉おもてなし推進班

電話番号:043-223-3492

ファックス番号:043-225-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?