• センター紹介
  • センターご利用案内
  • 診療科・部門紹介
  • 採用情報
  • 地域医療連携室

ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年7月12日

心臓血管外科-診療実績

疾患別手術成績

疾患別手術成績の推移
代表的な疾患 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
(1)心臓血管外科専門医関連手術総数 269 252 228 248 300
(2)弁膜症手術 55(1) 57 68(0) 90(1) 84(1)
弁置換術 37(0) 42(2) 21(0) 36(1) 44(1)
弁形成術 18(1) 15(0) 20(0) 21(0) 12(0)
小切開心臓手術(MICS) - - - 2(0) 2(0)
経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI) - - 27(0) 31(0) 26(0)
(3)虚血性心疾患(バイパス、心筋梗塞)手術 21(0) 20(1) 20(0) 12(0) 11(0)
(4)先天性心疾患手術 47(0) 32(1) 42(0) 43(2) 28(1)
(5)胸部大動脈瘤・解離手術 46(2) 58(3) 50(1) 52(3) 62(2)
開胸人工血管手術 26(1) 28(2) 34(1) 30(2) 32(1)
ステントグラフト 20(1) 30(1) 16(0) 22(1) 30(1)
(6)腹部大動脈瘤手術 57(2) 55(1) 46(3) 55(2) 46(2)
開腹人工血管置換術 22(1) 23(0) 22(3) 30(0) 16(0)
ステントグラフト 35(1) 24(0) 24(0) 25(1) 30(0)
(7)末梢動脈手術(上肢・下肢血管) 23(0) 25(0) 20(0) 23(0) 34(0)
(8)静脈瘤手術 20(0) 28(0) 33(0) 42(0) 32(0)

注1:()内は病院死亡
注2:大動脈ステント症例は別統計
注3:心臓血管外科手術の危険度(生命危険率)は同じ手術であっても患者さんの手術前の全身状態、病気の進行度(重症度)によって異なってきます。現在までのところ国内の心臓血管外科施設によるリスクを標準化した術前リスク評価がなされておりませんので提示しました手術死亡率はあくまでも参考データであり、他施設やその他の統計資料との厳密な比較はできません。

修練医師の手術経験数

研修医師の区分別手術経験数の推移
2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
区分 術者

第一

助手

術者

第一

助手

術者

第一

助手

術者

第一

助手

術者

第一

助手

レジデント採用医 38 16     48 15 78 37 84 26
初期研修医 39 15 50 23 58 17 78 10 30 42

注1)*9ヶ月間の件数
注2)ここで研修医とは、卒業後5年の医師臨床研修制度を終了し、心臓血管外科専門医取得に向けた研修を行った医師を指す。2016年は、初期研修医1名在籍中。