• センター紹介
  • センターご利用案内
  • 診療科・部門紹介
  • 採用情報
  • 地域医療連携室

ここから本文です。

更新日:令和3(2021)年6月18日

神経内科-業績

学会発表

  1. 高齢化に伴う高齢脳梗塞患者の頻度およびその機能予後の推移:10年間の検討: 赤荻 悠一. 第46回日本脳卒中学会学術集会 2021年
  2. 全健忘症と鑑別を要した抗AMPA受容体抗体関連脳炎: 橋本 憲一郎、吉田 俊樹、赤荻 悠一、
    久我 明司. 第31回日本神経免疫学会学術集会(千葉) 2019年9月26日
  3. 南房総におけるDrip, Ship and Retrieveの経験: 赤荻 悠一、橋本 憲一郎、吉田 俊樹、田島 洋佑、
    海老原 幸一、早坂 典洋. 第44回日本脳卒中学会学術集会(横浜) 2019年3月22日
  4. 心原性脳塞栓症における発症前予防状況-千葉県循環器病センターにおける10年間の変化-:
    島田 潤一郎、松田 信二、橋本 憲一郎、赤荻 悠一、北野 邦孝. 第43回日本脳卒中学会学術集会(福岡) 2018年3月15日

原著

  1. Elevated levels of autoantibodies against DNAJC2 in sera of patients with atherosclerotic diseases: Y Yoshida, X Zhang, H Wang, T Machida, S Mine, …Y Akaogi, J Shimada, …T Hiwasa.: Heliyon6 2020 e04661
  2. Sagittal splitting of the temporalis muscle for encephalo-myo-synangiosis to prevent ischemic complications due to a swollen temporalis muscle without inhibiting collateral developments in patients with moyamoya disease.: Machida T, Higuchi Y, Nakano S, Izumi M, Ishige S, Fujikawa A, Akaogi Y, Shimada J, Ono J.: J Neurosurg.2018Jun; 1-8
  3. Postoperative Cerebral Ischemia Due to Hypotension in Moyamoya Patient with Autonomic Dysfunction.: Machida T, Higuchi Y, Nakano S, Ishige S, Shimada J, Honma K.: World Neurosurg.2018Jan;109:204-208.
  4. Cortical Venous Redness Represents Tissue Circulation Status in Patients With Moyamoya Disease.: Machida T, Higuchi Y, Nakano S, Ishige S, Fujikawa A, Akaogi Y, Shimada J, Yoshida Y, Maru S, Ono J. : Stroke.2017Jun;48(6):1665-1667.
  5. アルテプラーゼ投与後の心破裂:橋本 憲一郎、松田 信二、赤 荻悠一、小島 一歩、本間 甲一、藤川 厚、石毛 聡、町田 利生、小野 純一:脳卒中37巻1号:Page26-30(2015.01).
  6. 【若年・壮年期の脳卒中とリハビリテーション】椎骨脳底動脈解離の病態・治療と予後:赤荻 悠一、小野 純一:MEDICAL REHABILITATION172号:Page13-18(2014.07).
  7. 【イメージテクノロジーの進歩と脳卒中治療】再開通療法と急性期画像診断経静脈的血栓溶解術の適応拡大適応時間延長による適応拡大とMRI拡散強調画像所見による適応拡大との比較:
    松田 信二、赤荻 悠一、小川 善胤、町田 利生、藤川 厚、足立 明彦、本間 甲一、
    小野 純一:TheMt.FujiWorkshoponCVD30巻Page18-21(2012.07).
  8. 発症時軽症の進行型脳梗塞進行症例の特徴に関する検討:赤荻 悠一、松田 信二、町田 利生、藤川 厚、田島 洋祐、永野 修、本間 甲一、沖山 幸一、桑原 聡、小野 純一:脳卒中32巻3号:Page236-241(2010.05).