• センター紹介
  • センターご利用案内
  • 診療科・部門紹介
  • 採用情報
  • 地域医療連携室

ここから本文です。

更新日:令和3(2021)年6月18日

脳卒中治療部-業績

脳卒中診療部における主要な学会発表等の業績を以下に掲載します。

学会発表

  1. 高齢化に伴う高齢脳梗塞患者の頻度およびその機能予後の推移:10年間の検討: 赤荻 悠一. 第46回日本脳卒中学会学術集会 2021年
  2. 梗塞発症成人もやもや病患者の再発と狭窄血管、病気進行との関連. 町田 利生、小島 以織、奥山 翼、石毛 聡、大石 博通、藤川 厚、永野 修、小野 純一. 第50回日本脳卒中の外科学会学術集会 2021年
  3. 虚血性脳血管障害患者に対応する血清抗体マーカー開発の現状と展望. 吉田 陽一、日和佐 降樹、
    久保田 真彰、町田 利生、小林 英一、峯 清一郎、瀧口 正樹、岩立 康男. 第46回日本脳卒中学会学術集会 2021年
  4. 梗塞発症成人もやもや病患者の再発率と再発に関連する因子の検討. 町田 利生、石毛 聡、大石 博通、丹野 裕和、奥山 翼、中野 茂樹、永野 修、藤川 厚、小野 純一. 第49回日本脳卒中の外科学会学術集会 2020年8月
  5. 南房総におけるDrip, Ship and Retrieveの経験: 赤荻 悠一、橋本 憲一郎、吉田 俊樹、田島 洋佑、
    海老原 幸一、早坂 典洋. 第44回日本脳卒中学会学術集会(横浜). :2019年3月22日
  6. 内視鏡下経鼻経斜台的クリッピング術-血管内や開頭では治療国難な巨大・血栓化椎骨動脈瘤に対する治療戦略: 足立 明彦、小林 英一、奥山 翼、堀口 健太郎、樋口 佳則、松田 達磨、折本 亮介、
    田宮 亜堂、小林 繁樹、山内 利宏、中野 茂樹、町田 利生、小野 純一、藤田 直子、梅本 真史、
    間所 真実、豐田 早苗、新崎 ちひろ、幸森 英里、岩立 康男. 日本脳卒中の外科学会(福岡). 2018年3月15日
  7. 体外循環下心臓血管手術症例における術後虚血性脳率中の検討: 石毛 聡、町田 利生、青柳 京子、永野 修、杉森 邦夫、浅野 宗一. 日本脳卒中の外科学会(福岡).:2018年3月17日
  8. 虚血で発症した椎骨脳底動脈系頭蓋内動脈解離の治療と長期的転帰: 小野 純一:中野 茂樹:石毛 聡:町田 利生:田島 洋佑:樋口 佳則. 日本脳卒中学会(福岡).:2018年3月17日
  9. CEA術後の皮下血腫予防目的の術後挿管管理の有効性: 町田 利生、中野 茂樹、石毛 聡、藤川 厚、小野 純一. 日本脳卒中の外科学会(福岡). 2018年3月15日
  10. FLAIR vascular hyperintensityはもやもや病患者の脳循環予備能低下に関連する: 中野 茂樹、町田 利生、石毛 聡、和田 政則、丹野 裕和、小野 純一、岩立 康男. 日本脳卒中の外科学会(福岡). 2018年3月16日
  11. 心原性脳塞栓症における発症前予防状況-千葉県循環器病センターにおける10年間の変化-:ポスターセッション: 島田 潤一郎:松田 信二:橋本 憲一郎:赤荻 悠一:北野 邦孝. 日本脳卒中学会(福岡):2018年3月15日

原著

  1. Elevated levels of autoantibodies against DNAJC2 in sera of patients with atherosclerotic diseases: Y Yoshida, X Zhang, H Wang, T Machida, S Mine, …Y Akaogi, J Shimada, …T Hiwasa.: Heliyon6 2020 e04661
  2. Sagittal splitting of the temporalis muscle for encephalo-myo-synangiosis to prevent ischemic complications due to a swollen temporalis muscle without inhibiting collateral developments in patients with moyamoya disease.: Machida T, Higuchi Y, Nakano S, Izumi M, Ishige S, Fujikawa A, Akaogi Y, Shimada J, Ono J.: J Neurosurg.2018Jun; 1-8
  3. Postoperative Cerebral Ischemia Due to Hypotension in Moyamoya Patient with Autonomic Dysfunction.:Machida T, Higuchi Y, Nakano S, Ishige S, Shimada J, Honma K.:World Neurosurg.
    2018 Jan;109:204-208.
  4. Subcortical Low-Intensity Lesions on Fluid-Attenuated Inversion Recovery Images After Revascularization Surgery for Moyamoya Disease.:Machida T, Nakano S, Ishige S, Ono J, Fujikawa A.:World Neurosurg. 2017 Feb;98:512-519.
  5. Cortical Venous Redness Represents Tissue Circulation Status in Patients With Moyamoya Disease.:Machida T, Higuchi Y, Nakano S, Ishige S, Fujikawa A, Akaogi Y, Shimada J, Yoshida Y, Maru S, Ono J.:Stroke. 2017 Jun;48(6):1665-1667.
  6. Identification of stroke-associated-antigens via screening of recombinant proteins from the human expression cDNA library (SEREX).:Machida T, Kubota M, Kobayashi E, Iwadate Y, Saeki N, Yamaura A, Nomura F, Takiguchi M, Hiwasa T.:J Transl Med. 2015 Feb 22;13-71.