• センター紹介
  • センターご利用案内
  • 診療科・部門紹介
  • 採用情報
  • 地域医療連携室

ここから本文です。

更新日:令和4(2022)年6月1日

脳神経外科-業績

脳神経外科における主要な学会発表、論文発表を以下に掲載します。
ただし、脳神経外科が筆頭発表者または筆者に限定したものです。 

令和3年度

学会発表

  1. 和泉 允基, 岡原 陽二, 梶川 駿介, 青柳 京子, 松橋 眞生, 池田 昭夫, 峯 清一郎: Ictal direct current shift evaluating on stereoelectroencephalography for one patient with temporal lobe epilepsy: a case report.第44回 日本てんかん外科学会, 2021年1月21~22日, 朱鷺メッセ (WEB開催):一般口演
  2. 岡原 陽二、和泉 允基、青柳 京子、永野 修、峯 清一郎:MRIを用いた受動的聴覚刺激による言語優位半球判定手法に関する解析. 第44回 日本てんかん外科学会, 2021年1月21~22日, 朱鷺メッセ (WEB開催):一般口演
  3. Okahara, Y, Izumi, M, Aoyagi K, Nagano O, Mine S:Use of passive auditory response in task-based fMRI to evaluate language dominance. 13th Asian & Oceanian Epilepsy Congress (AOEC), 2021.6.10~13, Web開催:デジタルポスター
  4. Masaki Izumi, Katsuya Kobayashi, Shunsuke Kajikawa, Yoji Okahara, Kyoko Aoyagi, Seiichiro Mine, Akio Ikeda: Ictal direct current shifts in intracranial electroencephalography recorded using the amplifier with original time constant 2 s. 13th Asian & Oceanian Epilepsy Congress (AOEC), 2021.6.10~13, Web開催:デジタルポスター
  5. 青柳 京子, 芹澤 徹, 樋口 佳則, 山上 岩男, 村上 幸三, 岩立 康男: 高齢者の前庭神経鞘腫に対するガンマナイフ治療 非高齢者との比較. 第30回 日本聴神経腫瘍研究会, 2021年6月12日, WEB開催, :シンポジウム
  6. 岡原陽二、樋口佳則、和泉允基、青柳京子:動作に伴って頸部・左上肢・体幹の発作性ジストニア様症状を呈した1例. 第75回関東機能外科懇話会 2021.9.11 Web開催:一般口演
  7. 和泉 允基, 小林 勝哉, 梶川 駿介, 岡原 陽二, 青柳 京子, 峯 清一郎, 池田 昭夫: 時定数2秒の設定で記録された頭蓋内脳波記録における発作時DC shift, 第51回日本臨床神経生理学会学術大会, 2021.12.16~18, 仙台国際センター:一般口演

論文発表

  1. Yakufujiang, M., Higuchi, Y., Aoyagi, K., Yamamoto, T., Sakurai, T., Abe, M., Okahara, Y., Izumi, M., Nagano, O., Yamanaka, Y., Hirano, S., Shiina, A., Murata, A., Iwadate, Y. : Predicting neurocognitive change after bilateral deep brain stimulation of subthalamic nucleus for Parkinson's disease. World Neurosurgery, 147, e428-e436, 2021: 原著
  2. Rena Okuno-Ito, Masaaki Yamamoto, Yasunori Sato, Toru Serizawa, Jun Kawagishi, Takashi Shuto, Shoji Yomo, Atsuya Akabane, Kyoko Aoyagi, Takuya Kawabe , Yasuhiro Kikuchi, Kiyoshi Nakasaki, Masazumi Gondo, Yoshinori Higuchi, Toru Takebayashi: Stereotactic radiosurgery results for brain metastasis patients with renal cancer: A validity study of Renal Graded Prognostic Assessment and proposal of a new grading index (JLGK2101 Study). Clin Trans Radiat Oncol 32: 69-75, 2021: 原著
  3. Higuchi, Y., Aoyagi, K., Okahara, Y., Izumi, M.: Deep Brain Stimulation of Globus Pallidus. No Shinkei geka. Neurological Surgery, 49(4), 799-809、2021:原著
  4. 原 広一郎,中西 亜紀,和泉 允基, 岡原 陽二,青柳 京子, 岩佐 博人:女性患者の社会復帰, 家事, 育児などの支援について.てんかん研究, 38(3),207-210, 2021:原著

その他の業績

  1. 和泉 允基:第15回Chiba neuroresearch meeting:メーカーセッション「EEG-fMRIを使ったてんかん診療」:2020年2月15日:ホテルポートプラザちば
  2. 千葉県てんかん診療拠点機関研修会開催:「てんかんの基礎知識と最新の治療」:ウェビナー開催、県内医療機関・教育機関・福祉施設より161名参加

令和2年度

学会発表

  1. パーキンソン病におけるSTN-DBSのfrailty改善効果:和泉 允基、樋口 佳則:第58回 日本定位・機能神経外科学会:2019年1月10日・11日:アクトシティ浜松コングレスセンター:一般口演
  2. Case report; SEEG experiment for a patient with drug resistant epilepsy with medial frontal onset: Yoji Okahara, Masaki Izumi, Kyoko Aoyagi, Seiichiro Mine:ILAE comprehensive epilepsy surgery course series; EPODES 2020: 2020年1月20日~1月24日: Brno University, Czech Republic: 一般口演演題
  3. 再発を繰り返す中枢神経系Solitary fibrous tumor/hemangiopericytomaに対しpazopanibの使用が有用であった一例:青柳 京子, 永野 修, 和泉 允基, 伊東 大祐, 岡原 陽二, 樋口 佳則:第29回日本定位放射線治療学会:2019年7月1日~31日(オンデマンド開催):東京:一般口演

  4. 比較的大きな脳転移に対する2期的ガンマナイフ治療~原発巣別治療成績の検討~:青柳  京子、 永野 修、芹澤 徹、岩立 康男、 樋口 佳則:第29回日本定位放射線治療学会:2020年7月1日~7月31日(オンデマンド開催):東京:一般口演

  5. 受動的聴覚課題を用いた機能的MRIによる言語優位半球同定手法の検討:演者  岡原 陽二、和泉 允基、青柳京 子、永野 修、峯 清一郎:第50回臨床神経生理学会:2020年11月26日~11月28日:京都・Web:一般口演演題

論文発表

  1. Kyoko Aoyagi, Yoshinori Higuchi, Shigeo Matsunaga, Toru Serizawa, Shoji Yomo, Hitoshi Aiyama, Osamu Nagano, Takeshi Kondoh, Hiroyuki Kenai, Takashi Shuto, Jun Kawagishi, Hidefumi Jokura, Sonomi Sato, Kiyoshi Nakazaki, Kotaro Nakaya, Toshinori Hasegawa, Mariko Kawashima, Hideya Kawai, Kazuhiro Yamanaka, Yasushi Nagatomo, Masaaki Yamamoto, Yasunori Sato, Tomoyoshi Aoyagi, Tomoo Matsutani, Yasuo Iwadate: Impact of breast cancer subtype on clinical outcomes after gamma knife radiosurgery for brain metastases from breast cancer: a multi-institutional retrospective study (JLGK1702): Breast Cancer Research and Treatment: 184(1):149-159.2020: 原著

  2. Daisuke Ito, Kyoko Aoyagi, Osamu Nagano, Toru Serizawa, Yasuo Iwadate, Yoshinori Higuchi: Comparison of two-stage Gamma Knife radiosurgery outcomes for large brain metastases among primary cancers: J Neurooncol: 2020 Mar;147(1):237-246: 原著

  3. 意識障害慢性期の無反応覚醒症候群患者に向けたBMI応用:岡原 陽二、高野 弘二、小瀧 勝、神作憲司:Jpn J Rehabil Med:Vol57, page23-28, 2020:総説
  4. 青柳 京子、樋口 佳則、松永 成生、芹澤 徹、四方 聖二、相山 仁、永野 修、近藤 威、祁内 博行、周籐 高、川岸 潤、城倉 英史、佐藤 園美、中崎 清之、中谷 幸太郎、長谷川 俊典、河島 真理子、河合 秀哉、山中 一浩、長友 康、山本 昌昭、佐藤 泰憲、青柳 智義、松谷 智郎、岩立 康男:多施設共同後ろ向き研究による乳癌脳転移に対するガンマナイフ後のサブタイプ別治療成績の実態調査(JLGK1702):定位的放射線治療:24, 27-35, 2020:原著

その他の業績

  1. 和泉 允基:第15回Chiba neuroresearch meeting:メーカーセッション「EEG-fMRIを使ったてんかん診療」:2020年2月15日:ホテルポートプラザちば

  2. 千葉県てんかん診療拠点機関研修会開催:「てんかんの基礎知識と最新の治療」:ウェビナー開催、県内医療機関・教育機関・福祉施設より161名参加