• センター紹介
  • センターご利用案内
  • 診療科・部門紹介
  • 採用情報
  • 地域医療連携室

ここから本文です。

更新日:令和4(2022)年9月30日

病院指標

令和3年度千葉県循環器病センター病院指標

医療法における病院等の広告規制について外部サイトへのリンク

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

 年齢階級別退院患者数(TSV:0.1KB)

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 14 50 46 120 224 488 1034 724

186

主に循環器系疾患を中心に内科、外科、脳神経系疾患の治療を行っている事もあり、ご高齢の方の割合が多くなっております。

 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)(TSV:4.4KB)

循環器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 248 6.21 4.79 1.21 66.17  
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 142 20.90 17.35 4.23 80.40  
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 99 10.07 10.24 1.01 77.74  
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 82 4.65 3.06 0.00 69.78  
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 81 8.35 4.36 0.00  71.70  

心房細動やWPW症候群などの各種頻拍発作、薬物治療抵抗性の頻拍症に対しては、異常伝達経路を高周波で遮断するカテーテル心筋焼灼術が行われており、当院循環器科で現状、最も症例数が多いものとなっています。
また、高齢化に伴い、心不全患者の入院が増加しておりますが、当院においては薬物治療や手術により難治性心不全にも対応しております。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx9906xx 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 6あり 324 2.70 4.08 9.57 66.34  
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 42 3.86 7.22 2.38 35.00  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 10.92 9.78 0.00 86.25  
010040x0991xxx 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 あり - - 3.68 - -  
010230xx97x00x てんかん 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 16.67 - -  

脳腫瘍に対するガンマナイフ治療が当院で最も症例数の多いDPCとなっています。医師、看護師、放射線技師、医療事務が4つの柱となりチームを構成してガンマナイフ治療を行っております。このシステム導入により効率的なガンマナイフ治療が可能となりました。

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx

肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし

41  3.44  3.30  0.00 75.17  
040110xxxxx1xx 間質性肺炎 手術・処置等2 1あり 38 17.00 19.49 0.00 74.47  
060100xx01xxxx

小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術

18 2.44 2.65 0.00 70.56  
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 17  6.12  18.42 5.88 78.53  
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 17 9.47 10.39 5.88 75.88  

検査は、上部下部消化管内視鏡検査、腹部超音波検査、CT、MRI等を行っています。外科と協力して、大腸ポリープ切除、胆石の観血的治療も少数ながら施行しています。専門分野以外の疾患に関しては、他病院との連携のもと診療に当たっております。また、胸部異常陰影に対しては肺癌を疑い、気管支鏡検査を施行し、間質性肺炎に対してはエンドキサンパルス療法という治療を実施しております。

心臓血管外科

 
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx0101xx

弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり

36 23.22 21.93  0.00  71.03  
050163xx03x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 1あり 28 13.29 15.18  3.57 75.57  
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 20 1.35 2.75 0.00 69.60  
050161xx97x1xx 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2 1あり 17 31.88 29.08 17.65 67.88  
050163xx01x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術等 手術・処置等2 1あり 15 29.73 28.08 6.67 73.73  

治療対象疾患は、心臓弁膜症、虚血性心疾患、大動脈疾患、末梢血管疾患、静脈疾患、不整脈疾患等の心臓血管外科疾患にわたっています。また、手術適応を十分に検討した上でどのような年齢の患者様に対しても手術の機会が得られるように努めています。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 25 9.44 4.74 0.00 72.88  
060100xx01xxxx

小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術

21 2.33 2.65 0.00 71.76  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15

9.00

9.00 6.67 78.40  
010069xx97x00x

脳卒中の続発症 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし

11 6.73 11.54 100.00 76.45  
060210xx9910xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし - - 13.27 - -  

令和3年度の実績では10症例には満たないですが、胃がん、大腸がん、乳がん等に対する切除術も行っております。また、院内感染防止のため病棟での処置後手洗い・アルコール消毒を励行、感染症例に対しては感染対策マニュアルに沿って対応をしています。

神経内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990201

脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2

17 23.76 15.57 64.71 74.59  
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13   11.08 7.22 15.38 72.15  
010040x099000x

非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし

10  20.10 18.90 40.00  66.70  
010160xx99x00x

パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし

- - 17.86 - -  
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 15.63 - -  

主に脳卒中・めまい・痙攣発作・髄膜炎・ギランバレー症候群・パーキンソン病などの疾患の加療を行っています。

鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1 あり 16 2.06 2.03 0.00 63.38  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  

閉塞性睡眠時無呼吸症候群の検査、治療全般を行っています。検査では、睡眠中の呼吸状態、脳波等まで評価する睡眠ポリグラフ検査まで行っています。

 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数(TSV:0.1KB)

区分 初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
StageI StageII StageIII StageIV 不明
胃癌 - - - - - - 1 8
大腸癌 - - - - - - 1

8

乳癌 - - - - - - 1 8
肺癌 - - - - - - 1 8
肝癌 - - - - - - 1 8

※1:UICCTNM分類,2:癌取扱い規約

循環器系疾患(心疾患、脳血管疾患)に特化した病院であるため、症例数が少ないです。

成人市中肺炎の重症度別患者数等(TSV:0.1KB)

区分 患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 26 21.35 81.9
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -

日本呼吸器学会 成人市中肺炎診療ガイドラインにおける重症度分類(A-DROP分類)より

A(Age):男性70歳以上、女性75歳以上
D(Dehydration):BUN21mg/dL以上、または脱水あり
R(Respiration):SpO290%(≒ PaO2 60Torr)以下
O(Orientation):意識障害あり
P(Blood Pressure):血圧(収縮期)90mmHg以下

各1点。最大5点。

軽 症:上記5つの項目のいずれも満たさないもの
中等症:上記項目の1つまたは2つを有するもの
重 症:上記項目の3つを有するもの
超重症:上記項目の4つまたは5つを有するもの
ただし、ショックがあれば1項目のみでも超重症とする

当院では、中等症に該当する症例が最も多くなっています。

 脳梗塞の患者数等(TSV:0.1KB)

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 62 24.27  77.74 39.19
その他 12  28.92  78.17 8.11

脳梗塞の基本的な治療として、血流を保つための薬(抗血栓薬、脳保護薬)を点滴投与し、次第に経口薬治療に移行します。
急性期は安静と点滴で症状増悪予防を行い、症状が安定していれば、早期にリハビリテーションを行います。

 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)(TSV:2.2KB)

循環器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの)  211 2.30 3.62 1.42 67.98  
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 77 5.42 3.73 0.00 72.00  
K5972  ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 60 3.22 9.52 0.00 80.00  
K5492  経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 49 0.24 10.02 6.12 70.39  
K5952  経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他のもの)  44 1.75 4.57 0.00 58.11  

診断群分類別患者数等の循環器科の項目にて説明しましたカテーテル心筋焼灼術に加え、経皮的冠動脈ステント留置術が上位を占めています。冠動脈を風船付きカテーテルで拡張させる経皮的冠動脈形成術や冠動脈ステントを冠動脈内に置く冠動脈ステント留置術を専門医師の下、実施しています。また、適応があれば、重症の心機能不全合併には補助循環装置(IABP、PCPS等)での対応も可能です。

心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5612イ ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 21 5.05 10.38 0.00  70.43  
K5551  弁置換術(1弁のもの) 20  9.90  17.55 0.00 72.10  
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈)  20 3.20 9.45  10.00 76.40  
K560-22二

オープンステントグラフト内挿術(上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術)(その他のもの) 

14 2.57 27.29  14.29  71.86  
K5552 弁置換術(2弁のもの ) 11  7.55 21.18 0.00  73.82  

大動脈瘤の破裂を予防するために、基本的には大動脈径55mm以上を手術適応に考えています。大動脈基部から上行大動脈、弓部大動脈の大動脈瘤には人工心肺、脳分離体外循環法を用いて人工血管置換術を、下行大動脈の大動脈瘤にはステントグラフト内挿術を基本とした手術を実施しています。高齢でも御本人の状態、家族の意思を考慮の上、それぞれの患者さんに対して手術の適応を判断しています。また、高齢・合併症などにより人工血管置換手術の危険度が高いと判断する場合にはステントグラフト内挿術やその両方を組み合わせたハイブリッド手術等の手術を選択しています。大動脈瘤破裂や大動脈解離などの緊急手術にも対応しています。

 

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 25 2.08 6.36 0.00  72.88  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 19 0.21 1.16 0.00 71.63  
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 13  0.23 5.85 100.00  76.38  
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -  
K7192 結腸切除術(結腸半側切除) - - - - -  
コロナ禍等の影響もあり、通常の消化器外科系手術が減少しており、相対的に、小手術等が上位件数に見られているものと思われます。地域性を鑑み、患者さんのニーズに応えながら、在院日数も調整していきます。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満)  18 0.11  1.33  0.00 70.56  
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純なもの) 16 5.63  4.06  0.00 77.38  
K664

胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)

- - - - -  
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -  
K7981 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) - - - - -  

当院の内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術は事前に外来にて検査を行う事が多く、後日原則1日(合併症により延長もあります。)ご入院頂きます。
大きいものや多発するものは、紹介して他院で行う場合があります。
脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2  慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 12 1.17 8.42 0.00 85.42  
K181-5 迷走神経刺激装置交換術 - - - - -  
K181-4

迷走神経刺激装置植込術

- - - - -  
K154-2 顕微鏡使用によるてんかん手術(脳梁離断術) - - - - -  
K147 穿頭術(トレパナチオン) - - - - -  

慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術は基本的には

  • 局所麻酔を行い、頭皮に小切開
  • 穿頭し、硬膜を切開
  • 血腫を洗浄して除去
  • 創を縫合して終了

順調にいけば15~30分程度の手術です。

 その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)(TSV:0.3KB)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 17  0.59
異なる - -

いずれの項目の症例数も少数となっています。

更新履歴 

  • 令和4年9月30日 令和3年度分公表