ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 組織・職員 > 組織としごと > 知事部局本庁各課 > 健康福祉部 > 医療整備課 > 医療指導班 > ちば医療なびについて > ちば医療なびについて(令和元年度第1回インターネットアンケート調査の結果について)

報道発表案件

更新日:令和元(2019)年7月31日

ページ番号:19313

ちば医療なびについて(令和元年度第1回インターネットアンケート調査の結果について)

発表日:令和元年7月30日
健康福祉部医療整備課

1.調査の目的

県では、平成19年度に改正された医療法に基づき、平成21年3月から、医療を受ける者が医療機関等を適切に選択するために必要な情報を集約し、「ちば医療なび」として県民の皆様に情報提供しているところです。

しかし、本システムの公表画面は、現在のところ日本語のみであり、在住外国人や今後増加が見込まれる訪日外国人に対する医療機関情報の提供体制が十分でない等、新たな課題も生じています。

そのため、現状のシステムに係る課題を調査し、様々な人のニーズに対応したシステムを構築するための資料として活用することを目的として、皆様のご意見やご提案を伺いました。

2.調査の実施状況等

(1)調査対象  アンケート調査協力員 1,458人

(2)調査時期  令和元年5月31日~6月13日

(3)調査方法  インターネットアンケート専用フォームへの入力による回答

(4)回答状況  アンケート調査協力員1,458人のうち217人が回答(回答率14.9%)

(5)調査項目

問1.ちば医療なびをご存知でしたか。

問2.ちば医療なびを利用したことがありますか。

問3.どのような場面で利用しましたか。

問4.利用した際の状況について選んでください。

問5.普段、主にどのような方法で県内の医療機関(診療所・病院)や薬局を探していますか。

問6.今後、医療機関を探す際に「ちば医療なび」を利用してみたいと思いますか。

問7.ちば医療なびの多言語対応についてお聞きします。

問8.対応が必要と思われる言語について選んでください。

問9.その他、ちば医療なびについて、ご意見、ご要望があればお聞かせください。

3.回答者の構成

(1)居住地域(回答者数:217人)

居住地域

居住地域については、『葛南地域』が31.3%と最も多く、次いで『千葉地域』が30.9%となりました。

 

(2)年齢(回答者数:217人)

年齢

年齢については、『70歳以上』が35.0%と最も多く、次いで『60歳~69歳』が22.1%となりました。

(3)性別(回答者数:217人)

性別

性別については、『男性』が75.6%、『女性』が24.4%となりました。

4.調査結果

問1.ちば医療なびをご存知でしたか。(1つ選択)(回答者数:217人)

問1

ちば医療なびをご存知かたずねたところ、『はい』が16.1%、『いいえ』が83.9%でした。

問2.【問1で『はい』と答えた方に聞きました。】ちば医療なびを利用したことがありますか。(1つ選択)(回答者数:35人)

問2

ちば医療なびを利用したことがあるかたずねたところ、『はい』が40.0%、『いいえ』が60.0%でした。

問3.【問2で『はい』と答えた方に聞きました。】どのような場面で利用しましたか。(いくつでも)(回答者数:14人)

問3

ちば医療なびを利用した場面をたずねたところ、『受診する医療機関(診療所・病院)を探した』が78.6%と最も多く、次いで『今後医療機関や薬局を利用する際に備えて探した』が28.6%でした。

問4.【問2で『はい』と答えた方に聞きました。】利用した際の状況について選んでください。(いくつでも)(回答者数:14人)

問4

ちば医療なびを利用した際の状況をたずねたところ、『キーワード検索を利用』が50.0%と最も多く、次いで『かんたん検索』が42.9%、『目的別検索』が28.6%でした。

問5.【問1で『いいえ』と答えた方に聞きました。】普段、主にどのような方法で県内の医療機関(診療所・病院)や薬局を探していますか。(1つ選択)(回答者数:182人)

問5

医療機関(診療所・病院)や薬局の探し方をたずねたところ、『インターネットの検索エンジンを利用している』が60.4%、『電話帳を利用している』が7.1%でした。

また、『ちば医療なび以外のサイト』として、「各市町村や地区医師会のホームページ」、『その他』として、「かかりつけ医からの紹介」との回答がありました。

問6.【問1で『いいえ』と答えた方に聞きました。】今後、医療機関を探す際に「ちば医療なび」を利用してみたいと思いますか。(1つ選択)(回答者数:182人)

問6

今後「ちば医療なび」を利用してみたいかたずねたところ、『はい』が87.4%、『いいえ』が12.6%でした。

問7.ちば医療なびの多言語対応についてお聞きします。(1つ選択)(回答者数:217人)

問7

「ちば医療なび」の多言語対応についてたずねたところ、『対応した方が良い』が68.7%と最も多く、次いで『どちらでもよい』が23.0%、『対応する必要はない』が8.3%でした。

問8.【問7で『対応した方が良い』と答えた方に聞きました。】対応が必要と思われる言語について選んでください。(いくつでも)(回答者数:149人)

問8

対応が必要と思われる言語についてたずねたところ、『英語』が94.6%と最も多く、次いで『中国語』が66.4%、『韓国語』が50.3%でした。

また、『その他』の答えの中には、「可能な限り多様な言語に対応すべき」との回答が多くありました。

問9.その他、ちば医療なびについて、ご意見、ご要望があればお聞かせください。(回答者数:21人)

(寄せられたご意見、ご提案には次のようなものがありました。)

  • (1)広報活動について
    • ちば医療なびの告知をもっとしてほしい。
    • 便利な機能だと思ったが、このアンケートがくるまで知らなかった。詳細なども含め、県の発行物での引き続きのPRをお願いしたい。
    • 市町村の広報紙に掲載をお願いしたい。
  • (2)デザインについて
    • 折角作るのであれば『利用しやすい(設置場所、数・機能等)』『わかりやすい(操作性、高齢者・外国人への配慮、設置場所等)』ものとすべき。
    • 総観して、色使い(色弱者に配慮)と書体(現状は漫画チック)を工夫して、解りやすく、検索しやすく、清潔感、安心感が得られるようお願いしたい。
    • 趣旨や情報の正確性は良いのだろうけれども、サイトのデザインが悪い。使ってみようという気をなくす。
  • (3)外国語対応について
    • もし自分が海外で暮らしていたら不安だと思うのでその時こそネットを利用したいと思う。
    • 県外からの転入者や、外国人はちば医療なびがあった方が良い。
    • 多言語対応するとある特定の国から制度を悪用される恐れがある。
  • (4)その他
    • 診療時間一覧表、得意な分野の記載があると助かる。
    • 今後は活用していきたい。
    • がんなどの重大な病であれば、ちば医療なびやネットで調べ対処したい。
    • セカンドオピニオンの必要性が生じたときなどは、検索してみたい。
    • 気軽に使えるようにしてほしい。
    • 今はあまり必要と感じない(病院に行くことがあまりないため)。
    • 存在及び活動内容を理解していないので、意見要望等はわからない。
    • どの程度広く利用されているのか、また、信頼性はどの程度なのか、などに個人的には通じていない。

※たくさんのご意見をいただきありがとうございました。

今回の調査では、普段、医療機関を探す際にインターネットを利用しているにもかかわらず、ちば医療なびをご存知ない方が多くいらっしゃることがわかりました。

ちば医療なびをひとりでも多くの方にご活用いただけるよう、様々な機会を通じて周知に努めるとともに、皆様からいただいたご意見は、ちば医療なびの運営に役立ててまいります。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部医療整備課医療指導班

電話番号:043-223-3884

ファックス番号:043-221-7379

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?