ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > まちづくり > 県土整備政策 > 公共事業 > 完全週休2日制モデル工事の試行について

更新日:平成30(2018)年4月20日

完全週休2日制モデル工事の試行について

発表日:平成30年4月20日

千葉県県土整備部技術管理課

建設業では、少子高齢化を背景に技術者や技能労働者の不足が懸念されているため、働き方改革の実現や職場環境の改善など、将来の担い手確保に向けた取組が求められています。

このため、県では、将来を担う若手が入職しやすい環境を整える取組として、平成27年度から完全週休2日制モデル工事を試行しております。

平成30年度は、件数を拡大するとともに、これまでの発注者指定型に加え、受注者希望型のモデル工事を実施します。

試行目的

モデル工事の実施により、工事現場の完全週休2日制(土・日曜日の休工)に向け、課題を抽出することを目的とする。

実施方法

  • (1)県土整備部発注の「土木工事」において、モデル工事を実施。
  • (2)モデル工事は、「発注者指定型」及び「受注者希望型」をそれぞれ70件程度実施。
  • (3)平成30年4月1日以降に入札手続を開始する「土木工事」の中から発注者がモデル工事を指定する。
  • (4)特記仕様書に「完全週休2日制モデル工事」であること等を明記。
  • (5)完全週休2日制を100%実施した工事は、間接工事費の共通仮設費率に「1.02」、現場管理費率に「1.04」の補正係数を乗じ設計変更する。
  • (6)モデル工事完了後、受注者に対してアンケートを実施。

(参考)

  • 平成29年度実施状況

22事務所で38件のモデル工事を実施

  • 平成28年度実施状況

15土木事務所で18件のモデル工事を実施。

  • 平成27年度実施状況

5土木事務所で7件のモデル工事を実施。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:県土整備部技術管理課企画調整班

電話番号:043-223-3235

ファックス番号:043-227-1075

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?