サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 千葉県議会 > 会議の概要|県議会 > 各種委員会 > 常任委員会 > 総務防災常任委員会 > 平成30年9月定例県議会総務防災常任委員会審査結果及び調査報告

更新日:平成30(2018)年10月18日

平成30年9月定例県議会総務防災常任委員会審査結果及び調査報告

日時 平成30年10月2日(火曜日)午前10時~午前11時50分
場所 県議会棟3階第1委員会室
委員名

関政幸委員長、中沢裕隆副委員長、浜田穂積委員、

佐藤正己委員、木名瀬捷司委員、木下敬二委員、

瀧田敏幸委員、田中信行委員、田村耕作委員、

網中肇委員、水野友貴委員、プリティ長嶋委員

付託案件

議案

議案番号

議案件名

審査結果

1

平成30年度千葉県一般会計補正予算(第1号)

原案可決

2

平成30年度千葉県特別会計財政調整基金補正予算(第1号)

原案可決

請願(新規分)

受理番号

請願件名

区分 備考

97

幕張メッセでの武器見本市開催に対することについて

不採択

(1項)

 

※審査結果については委員会におけるもので、本会議における議決事項とは異なる場合があります。

主な質疑の概要

Q:災害復興・地域再生基金とは、どのような基金か。
また、今回、積み立てた35億円は、どのように活用していくのか。
A:当該基金は、東日本大震災の発生を契機として、災害の予防や復旧・復興、地域の再生などに広く活用可能な基金として、平成23年度に設置したものである。
また、積み立てた35億円は、今回の補正予算で計上した県有施設におけるブロック塀の安全対策に充当しており、来年度当初予算においても、防災・減災対策の一層の充実を図るために、引き続き活用していきたい

Q:先月、供用開始した都町合同庁舎は、未利用となっていた県有施設を有効活用したとのことだが、既存施設を改修して活用することにより、どのような効果があったか
A:既存施設の活用により、新築工事に比べ供用開始までの期間が1年程度短縮できた。
また、工事費を6割程度に抑えることもできた。

Q:災害情報の伝達手段について、高齢者などの情報弱者と呼ばれる方々には、防災行政無線以外にラジオ等や声掛けが有効であると考えるがどうか。
A:高齢者等住民の状況に適した伝達手段の整備も大事だと考えている。引き続き市町村に、地域の実情に合った伝達手段の複線化を促していく。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:議会事務局議事課委員会班

電話番号:043-223-2518

ファックス番号:043-222-4073

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?