サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 千葉県議会 > 会議の概要|県議会 > 各種委員会 > 常任委員会 > 環境生活警察常任委員会 > 平成30年9月定例県議会環境生活警察常任委員会審査結果及び調査報告

更新日:平成30(2018)年10月18日

平成30年9月定例県議会環境生活警察常任委員会審査結果及び調査報告

日時 平成30年10月3日(水曜日)午前10時1分~午後2時45分
場所 県議会棟4階第4委員会室
委員名

鈴木衛委員長、三沢智副委員長、河上茂委員、

山中操委員、信田光保委員、江野澤吉克委員、
野田剛彦委員、鈴木陽介委員、藤井弘之委員、

安藤じゅん子委員、三輪由美委員、山本友子委員

付託案件

議案

議案番号

議案件名

審査結果

1

平成30年度千葉県一般会計補正予算(第1号)

原案可決

8

千葉県再生土の埋立て等の適正化に関する条例の制定について

原案可決

発議案

議案番号

議案件名

審査結果

1

千葉県文化芸術の振興に関する条例の制定について

原案可決

請願(継続分)

受理
番号

請願件名

区分

備考

90

新井総合施設株式会社君津環境整備センターの安全に関することについて

継続審査

 

※審査結果については委員会におけるもので、本会議における議決事項とは異なる場合があります。

主な質疑の概要

Q:県内の横断歩道の摩耗状況をどのように把握しているのか
また、その実態はどうか。
A:本年4月から横断歩道、約21,000か所すべてを警察官が1件ずつ確認する一斉点検を行っている。
また、8月末現在で点検が終了した約13,000か所の中で、著しく摩耗して見えづらい横断歩道は、約1,700か所である。

Q:本年度は、9月補正予算を加えると、何か所の横断歩道の補修が可能となるのか。
A:当初予算で約1,750か所、9月補正予算で約1,100か所、合計で約2,850か所の補修が可能になると見込んでいる。

Q:再生土の埋立て等の適正化に関する条例案で、禁止や許可制ではなく、届出制としたのはなぜか。
A:再生土は、一般に埋立資材として有効利用されており、リサイクルを促進する観点からも、構造基準や環境影響防止に係る基準を設けたうえで、届出制とした。
また、届出制であっても、立入検査や、命令などの行政処分、罰則等により、実効性を確保することとしている。

Q:東京オリンピック・パラリンピックの都市ボランティアを3,000人確保するため、どのように取り組んでいくのか。
A:ボランティアをより身近に感じてもらえるよう、特設ホームページの内容を工夫するとともに、市町村や郵便局、スーパーの店舗などに広報等の協力をお願いしている。
今後も、関係市町における募集説明会や大学訪問などを通じ、1人でも多くの方に応募してもらえるよう広く呼び掛けていく

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:議会事務局議事課委員会班

電話番号:043-223-2518

ファックス番号:043-222-4073

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?