サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 千葉県議会 > 会議の概要|県議会 > 各種委員会 > 常任委員会 > 総務防災常任委員会 > 平成30年6月定例県議会総務防災常任委員会審査結果及び調査報告

更新日:平成30(2018)年7月17日

平成30年6月定例県議会総務防災常任委員会審査結果及び調査報告

日時 平成30年7月3日(火曜日)午前10時~午前11時50分
場所 県議会棟3階第1委員会室
委員名

中村実委員長、林幹人副委員長、浜田穂積委員、

佐藤正己委員、木名瀬捷司委員、石毛之行委員、

関政幸委員、田中信行委員、網中肇委員、

田村耕作委員、水野友貴委員、プリティ長嶋委員

付託案件

議案

議案番号

議案件名

審査結果

2

職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について

原案可決

3

千葉県県税条例等の一部を改正する条例の制定について

原案可決

4

千葉県議会議員及び千葉県知事の選挙における選挙運動用自動車の使用等の公費負担に関する条例の一部を改正する条例の制定について

原案可決

5

住民基本台帳法に基づく本人確認情報の利用及び提供に関する条例の一部を改正する条例の制定について

原案可決

9

旅館業法施行条例等の一部を改正する条例の制定について

原案可決

※審査結果については委員会におけるもので、本会議における議決事項とは異なる場合があります。

請願(新規分)

受理番号

請願件名

区分 備考

95

「消費税増税の中止を求める意見書」の提出を求めることについて

不採択

 

主な質疑の概要

Q:県職員の特殊勤務手当である夜間看護等手当の増額を行う理由は何か。
また、どのような職員が支給対象となるのか、あわせて人数はどうか。
A:妊娠や子育てなどの理由による夜間看護を行う職員の減少や、職務の困難性の増大による特殊性の変化などを考慮し、国に準じて増額を行うものである。
また、当該手当が支給されるのは、児童相談所や富浦学園の児童指導員、保育士のほか、学校の児童生活支援員など約130人である。

Q:大阪北部地震を受けて、県有施設におけるブロック塀等の緊急調査を実施しているようだが、その状況や今後の対応はどうか。
A:県立学校及び公営企業を除く各県有施設の管理者に対し、ブロック塀等の安全点検や危険箇所への応急措置を指示するとともに、ブロック塀等の状況を把握するため緊急調査を実施しているところである。
現時点で把握している状況は、県警を除く244所属のうち、56所属で171箇所のブロック塀等があり、そのうち建築基準法の基準に適合しない恐れがあるものが129箇所、亀裂等があるものが43箇所確認された。
今後は速やかに調査結果を取りまとめたのち、さらに詳細調査を実施し、危険なブロック塀等の撤去や改修などの必要な対策を講じていく。

Q:災害発生時の被害を最小化するために、公助である消防団と地域住民が、どのように連携し、『自助・共助』の機運を醸成していくのか。
A:大きな災害時に、自主防災組織の中心的な活動者や消防団OBなどが活動する大規模災害団員の制度が、国から示された。
災害時に、消防団と自主防災組織が連携して、避難誘導や避難所の運営に当たるなどにより、地域住民による防災力の向上が期待できる。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:議会事務局議事課委員会班

電話番号:043-223-2518

ファックス番号:043-222-4073

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?