サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 千葉県議会 > 会議の概要|県議会 > 各種委員会 > 常任委員会 > 農林水産常任委員会 > 平成30年6月定例県議会農林水産常任委員会審査結果及び調査報告

更新日:平成30(2018)年7月17日

平成30年6月定例県議会農林水産常任委員会審査結果及び調査報告

日時 平成30年7月3日(火曜日)午前10時~午前11時19分
場所 県議会棟4階第6委員会室
委員名

三沢智委員長、木下敬二副委員長、酒井茂英委員、

宍倉登委員、鶴岡宏祥委員、石井敏雄委員、

中田学委員、秋林貴史委員、谷田川充丈委員、

大崎雄介委員

主な質疑の概要

Q:漁業者の所得向上を図る必要があると考えるが、今年度は、どのように取り組んでいくのか。
A:水産物の鮮度を保持する製氷施設や水揚げ物の付加価値を高める食堂直売施設兼加工施設、ノリ養殖のコスト低減・品質向上のための共同加工施設などの整備を支援していく。
また、銚子市においては、水産加工施設を3ヵ年で整備する計画がスタートするため、これを支援していく。
としては、これら支援とあわせ、水産物のブランド化についても引き続き推進していく。

Q:平成29年度の農地中間管理機構による農地の貸付実績はどうか。
また、今後、農地集積に、どのように取り組んでいくのか。
A:平成29年度の農地の貸付面積は、前年度の2倍となり、機構を活用した新規集積率の全国順位も、21位から12位となった。
さらに、農業者の費用負担を求めない農地整備事業の周知を図るなど、担い手への農地集積集約を加速させていく。

Q:農産産地支援事業の補助対象とならない機械等を補助対象とならない機械等を支援できる事業はあるか。
A:国の経営体育成支援事業では、農業の用途以外にも使えるフォークリフトなどの機械等は、農業以外に使用しないことが確認できれば、支援の対象となる。
県としても、現場の視点を大切にして、補助事業の充実を検討してまいりたい。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:議会事務局議事課委員会班

電話番号:043-223-2518

ファックス番号:043-222-4073

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?