サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 千葉県議会 > 会議の概要|県議会 > 各種委員会 > 常任委員会 > 環境生活警察常任委員会 > 平成30年6月定例県議会環境生活警察常任委員会審査結果及び調査報告

更新日:平成30(2018)年7月17日

平成30年6月定例県議会環境生活警察常任委員会審査結果及び調査報告

日時 平成30年7月2日(月曜日)午前9時58分~午後2時46分
場所 県議会棟4階第4委員会室
委員名

中沢裕隆委員長、鈴木衛副委員長、河上茂委員、

山中操委員、信田光保委員、江野澤吉克委員、
竹内圭司委員、野田剛彦委員、鈴木陽介委員、

藤井弘之委員、三輪由美委員、ふじしろ政夫委員

付託案件

議案

議案番号

議案件名

審査結果

2

職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について

原案可決

9

旅館業法施行条例等の一部を改正する条例の制定について

原案可決

※審査結果については委員会におけるもので、本会議における議決事項とは異なる場合があります。

請願(新規分)

受理
番号

請願件名

区分

備考

90

新井総合施設株式会社君津環境整備センターの安全に関することについて

継続審査

 

91

千葉県残土条例の改正及び再生土処分場の規制を求めることについて

不採択

(1~3項)

 

92

再生土等の埋立て・盛土等を禁止する県条例の制定を求めることについて

不採択

 

主な質疑の概要

Q:再生土の埋立てについては、早急に、実効性のある条例を制定して対応する必要があると思うがどうか。
A:条例案を速やかに提案できるよう、必要な事務手続を進めていく。

Q:地域における防犯力の向上を図るため、県としてどのような取組を行っているのか。
A:防犯カメラや防犯ボックスの設置を促進するほか、パトロール資機材の整備、学生等のヤング防犯ボランティアへの支援などを通じて、地域の防犯活動の活性化を図っている。

Q:児童ポルノに関する犯罪から子どもを守るため、どのような活動をしているのか。
A:児童ポルノ事犯に対しては、積極的な取り締まりを実施するとともに、被害児童に対するカウンセリングなどの支援のほか、平成29年は1,500回を超える非行防止教室やネット安全教室等の啓発活動を実施した。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:議会事務局議事課委員会班

電話番号:043-223-2518

ファックス番号:043-222-4073

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?