サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 千葉県議会 > 会議の概要|県議会 > 各種委員会 > 常任委員会 > 総合企画企業常任委員会 > 平成30年12月定例県議会総合企画水道常任委員会審査結果及び調査報告

更新日:平成30(2018)年12月26日

平成30年12月定例県議会総合企画水道常任委員会審査結果及び調査報告

日時 平成30年12月17日(月曜日)午前9時59分~午前11時21分
場所 県議会棟3階第2委員会室
委員名

小池正昭委員長、石井一美副委員長、本清秀雄委員、本間進委員、
阿井伸也委員、武田正光委員、天野行雄委員、塚定良治委員、
矢崎堅太郎委員

付託案件

議案

議案番号

議案件名

審査結果

1

平成30年度千葉県一般会計補正予算(第2号)

原案可決

5

平成30年度千葉県特別会計上水道事業会計補正予算(第2号)

原案可決

6

平成30年度千葉県特別会計工業用水道事業会計補正予算(第2号)

原案可決

請願(新規分)

受理番号

請願件名

区分

備考

106

国に対し「日米地位協定の抜本改定を求める意見書」の提出を求めることについて

不採択

 

※審査結果については委員会におけるもので、本会議における議決事項とは異なる場合があります。

主な質疑の概要

Q:成田空港の機能強化に関して、いわゆる特法に基づく基本方針変更手続の中で、利害関係人からの意見に、県はどう対応したのか。
また、A滑走での夜間飛行制限時間変更の前倒しについて、県の考えはどうか。

A:利害関係人からは移転補償の対象となる防止特別地区の拡大を求める意見が多くあり、制度の範囲内で可能な限り運用の拡大を行った旨、丁寧に回答した。
また、夜間飛行制限の変更については、地元市町の理解が大切であり、今後も国や空港会社などの関係者と対応してまいりたい。

Q:平成25年度から5年間の「千葉県工業用水道事業中期経営計画」に基づく取り組みの具体的な状況はどうか。
A:「施設の計画的な更新」については、計画の約92%、137件の事業を完成し、「企業債残高等の削減」については、平成24年度末残高の約40%、約182億3,400万円の削減を達成した。
また、「環境負荷の軽減」については、山倉ダムにおけるフロート式メガソーラーの発電が開始されたところであり、年間約8,170トンのCO2の削減が見込まれている。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:議会事務局議事課委員会班

電話番号:043-223-2518

ファックス番号:043-222-4073

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?