サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 千葉県議会 > 会議の概要|県議会 > 各種委員会 > 常任委員会 > 総合企画企業常任委員会 > 平成29年9月定例県議会総合企画水道常任委員会審査結果及び調査報告

更新日:平成29(2017)年10月17日

平成29年9月定例県議会総合企画水道常任委員会審査結果及び調査報告

日時 平成29年10月3日(火曜日)午前10時1分~午前11時52分
場所 県議会棟3階第2委員会室
委員名

五十嵐博文委員長、松下浩明副委員長清秀雄委員、本間進委員、
阿井伸也委員、武田正光委員、横堀喜一郎委員、天野行雄委員、
矢崎堅太郎委員、守屋貴子委員、塚定良治委員

付託案件

議案

議案番号

議案件名

審査結果

1

平成29年度千葉県一般会計補正予算(第4号)

原案可決

5

千葉県知事の権限に属する事務の処理の特例に関する条例の一部を改正する条例の制定について

原案可決

7

千葉県水道事業及び工業用水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定について 原案可決

8

千葉県行政に係る基本的かつ総合的な計画の変更について 原案可決

※審査結果については委員会におけるもので、本会議における議決事項とは異なる場合があります。

主な質疑の概要

Q:新たな総合計画を策定するに当たり、市町村、各種団体、パブリックコメントで寄せられた意見への対応はどうか。
A:県民に分かりやすい計画とすべき、といった意見や、人工知能や情報通信技術などの新しい流れを意識すべき、また、市町村の特徴的な取り組みの記載が必要、といった意見を踏まえ、文案を修正した。
今後の事業推進などにおいても、十分留意していく。

Q:オリンピック・パラリンピックの効果を県内全域へ最大限に波及させるためにも、聖火リレーのルートについては、できる限り多くの市町村を対象とすることが重要と思うがどうか。
A:聖火リレーのルートは、各都道府県に設置する実行委員会において検討し、組織委員会と協議の上、IOCの承認を得て決まることとなるが、県としてはできる限り自治体の意向を尊重した柔軟なルート決定ができるよう組織委員会に要望しているところである。

Q:水道局では、中期経営計画に基づき事業を実施し、平成28年度は概ね順調に進捗したとのことだが、事業費が多額になっており、経営に影響はなかったのか。
A:水道局の平成28年度の経営状況については、人件費や動力費等の費用の減や、企業債残高の縮減などにより、経営の健全性を表す「経常収支比率」などの主な経営指標は良好な水準を維持している。

Q:水道局の施設が登録有形文化財として答申されたが、水道局の広報に活用する考えはないか。
A:答申は、水道局として名誉なことであり、今後、正式な登録を受けて、記念イベントを速やかに企画し、各種広報媒体を通じて広くPRすることで、地域の皆様にも親しんでいただけるよう、努力していく。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:議会事務局議事課委員会班

電話番号:043-223-2518

ファックス番号:043-222-4073

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?