サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年10月25日

商工労働企業常任委員会県内調査報告書

平成30年10月4日

千葉県議会議長

 

商工労働企業常任委員会委員長

本委員会が所管事務調査のため、県内調査を実施したところ、その概要は下記のとおりでした。


  1. 用務:商工労働企業常任委員会県内調査
  2. 調査先:新日鐵住金株式会社君津製鐵所(君津市)
  3. 期間:平成30年10月4日(木曜日)
  4. 概要:別添のとおり

参加者名簿

日程表

調査の概要について

 新日鐵住金株式会社君津製鐵所(君津市)

(1)日時:平成30年10月4日(木曜日)15時~16時50分

2)調査項目:臨海部素材産業の概況についての現地調査

(3)経過

初めに、新日鐵住金株式会社君津製鐵所担当者から視察先の概要等について事前説明があった
その後、工場を視察しながら製鐵所担当者から詳細な説明があった

(4)概要説明

新日鐵住金株式会社君津製鐵所は、君津市と木更津市にまたがっており、富津市には技術開発研究所がある
製造拠点と研究開発拠点がこれほど近接して立地しているのは、新日鐵住金では、君津製鐵所のみである
世界の鉄鋼需要は年間約16億トンであり、そのうち約8億トンが中国、約1億トンが日本で造られている
競争力強化のため、高炉の稼働効率化や設備の老朽更新等の構造改革を行ったほか、本年度から3か年かけ買収事業を進めていくとともに、来年4月からは日本製鉄株式会社に名称変更する予定である。

(5)主な質疑応答

問:高炉の寿命はどれくらいか。
答:以前は10年~15年であったが、現在は20年~25年の操業を目指している。

問:2016年3月に休止した第3高炉について、再稼働の予定はあるのか。
答:未定である。

 参加者名簿

委員

職名

氏名

会派

委員長

自民党

副委員長

實川

自民党

委員

小高伸太

自民党

委員

田中宗隆

自民党

委員

仲村秀明

公明党

委員 鈴木 立憲民主党

委員

丸山慎一

共産党

委員

小宮清子

市民ネット・社民・無所属

随行

所属・職名

氏名

備考

商工労働部長

吉田和彦

 

商工労働部産業振興課副課長

新村晃司

 

商工労働部産業振興課主査

子安秀敏

 

商工労働部経済政策課副課長

齋藤篤男

議事課主幹(併任)
商工労働部経済政策課主査

青柳幸代

 
企業土地管理局経営管理課副課長

高岡宏治

議事課主幹(併任)

議会事務局政務調査課主査

上山紀子

 

議会事務局総務課副主査

橋本真里

 

 日程表

月日

場所

備考

10月4日

県議会   14時15分  
新日鐵住金株式会社君津製鐵所 15時00分 16時50分 調査
県議会 17時35分    

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:議会事務局議事課委員会班

電話番号:043-223-2518

ファックス番号:043-222-4073

・議員個人あてのメール、ご意見、ご質問はお受けできません。
・請願・陳情はこのフォームからはお受けできません。「県議会のあらまし」から
「請願・陳情」のページをご確認ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?