サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年7月17日

県土整備常任委員会県内調査報告書

平成30年7月3日

千葉県議会議長高伸太

 

県土整備常任委員会委員長路正和

本委員会が所管事務調査のため、県内調査を実施したところ、その概要は下記のとおりでした。


  1. 用務:県土整備常任委員会県内調査
  2. 調査先:
    (1)東武野田線連続立体交差事業現場(野田市)
    (2)(仮称)三郷流山橋建設予定地(流山市)
  3. 期間:平成30年7月2日(月曜日)
  4. 概要:別添のとおり

参加者名簿

日程表

調査の概要について

 1東武野田線連続立体交差事業現場(野田市)

(1)日時:平成30年7月2日(月曜日)14時49分~15時20

(2)調査項目:東武野田線連続立体交差事業の状況調査

(3)経過

初めに、バス車内において道路整備課長から事業について概要説明があった。その後、現地において柏土木事務所長から説明があり、東武野田線愛宕駅の仮駅舎及び旧駅舎を視察した後、バスにて高架橋建設工事箇所へ移動し、車中から視察した。

(4)概要説明

<1>東武野田線連続立体交差事業について
東武野田線清水公園駅から梅郷駅間の約2.9kmを高架化することにより、既存の11カ所の踏切を除去し、踏切遮断による交通渋滞の緩和や分断された市街地の一体化を図るための事業である。
総事業費は約353億円で、平成19年度に事業認可を取得し、平成35年度までに完成予定となっている。
業の効果は、踏切がなくなることによる交通渋滞の解消や踏切事故の減少が図られること、鉄道で分断された市街地の一体化が図られるとともに新たに生み出される鉄道の高架下空間の有効利用が図られること、本事業に伴い野田市駅及び愛宕駅の新駅舎が建設され、バリアフリー化が図られることなどがあげられる。
また、駅前の区画整備事業や街路事業も行われており、総合的なまちづくりを行っている。
<2>東武野田線愛宕駅の現況について
仮線及び仮駅舎の敷地はほぼ借地であり、平成30年3月に仮線へ切り替えを行い、現在仮線にて運行をしている。
今後、旧駅舎部分に高架駅を建設していく。新駅舎建設に伴い、旧駅舎は平成30年9月に閉鎖し、取り壊す予定となっている。

(5)主な質疑応答

問:愛宕駅仮駅舎、仮ホームの費用はいくらか。
答:約5億7千万円である。

問:本事業に係る費用負担はどのようになっているのか。
答:鉄道会社が約1割、残り9割のうち国が2分の1、県が3分の1、市が6分の1となっている。

 2(仮称)三郷流山橋建設予定地(流山市)

(1)日時:平成30年7月2日(月曜日)15時49分~16時16分

(2)調査項目:(仮称)三郷流山橋建設予定地の現況調査

(3)経過

初めに、バス車内において道路計画課長及び道路整備課長から概要説明があり、現地において東葛飾土木事務所長から説明を受けながら建設予定地を視察した。

(4)概要説明

(仮称)三郷流山橋は、市街化の著しい流山市と埼玉県三郷市を結ぶ道路で、南側約2Kmの位置にある流山橋に集中している交通を分散させる重要な橋梁であり、千葉県と埼玉県が共同で事業を進めているところである。
事業区間延長1,960mで、埼玉県側取付道路が延長680m、江戸川を渡る渡河部が延長450m、千葉県側の取付道路が延長830mとなっている。
幅員構成は、総幅員12m、車道部7.5m、歩道部3.5mになっている。
今後、有料道路事業を導入していきたいと考えているが、通行料金は普通車で150円、料金徴収期間は供用開始の日から30年間を予定している。
平成25年度から用地買収に着手し、平成30年3月末現在の千葉県側取付部の用地取得率は面積ベースで84%となっている。松戸野田線より東側の用地買収を優先して行い、現在は、松戸野田線より西側の用地買収を進めている。
平成30年度の事業としては、現在、千葉県側取付部において橋梁の支障となる上下水道等の移設を行っており、今後、市道の切り回しを実施し、橋脚工事に着手する予定である。また、渡河部についても橋脚工事に着手する予定である。

(5)主な質疑応答

問:料金所はどこに設置するのか。
答:埼玉県側に設置する予定である。

問:ETCは使えるようになるのか。
答:ETCの導入は予定していないが、パスモやスイカで支払いを行える設備の導入を検討している。

問:料金割引はあるのか。
答:回数券を導入する予定である。

 参加者名簿

委員

職名

氏名

会派

委員長

小路正和

自民党

副委員長

瀧田敏幸

自民党

委員

宇野

自民党

委員 西田三十五 自民党
委員

自民党

委員

高橋

千葉民

委員

阿部俊昭

公明党

委員

岩井泰憲

いんば

随行

所属・職名

氏名

備考

県土整備部長

野田

 

県土整備部県土整備政策課長

高梨みちえ

 

県土整備部道路計画課長

菰田直典

 

県土整備部道路整備課長

相澤忠利

 
県土整備部県土整備政策課副課長

豊田和広

議事課主幹(併任)
議会事務局総務課主査

福島恵子

 
議会事務局議事課副主査

高山千夏

 

 日程表

月日

場所

備考

7月2日

県議会

 

13時15分

 

東武野田線連続立体交差事業現場

14時49分

15時20分 調査
(仮称)三郷流山橋建設予定地 15時49分 16時16分 調査

県議会

17時10分

 

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:議会事務局議事課委員会班

電話番号:043-223-2518

ファックス番号:043-222-4073

・議員個人あてのメール、ご意見、ご質問はお受けできません。
・請願・陳情はこのフォームからはお受けできません。「県議会のあらまし」から
「請願・陳情」のページをご確認ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?