ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 県立病院・県内医療機関 > 千葉県がんセンター > 脳神経外科から発表された論文が、日本脳腫瘍病理学会 学会賞を受賞しました。

ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年6月6日

脳神経外科から発表された論文が、日本脳腫瘍病理学会 学会賞を受賞しました。

当科から発信いたしました論文(Clinical significance of the 2016 WHO classification in Japanese patients with gliomas. T. Iuchi et al., Brain Tumor Pathol 2018;35:71-80)が、名古屋で開催された日本脳腫瘍病理学会において、日本脳腫瘍病理学会学会賞を受賞いたしました。

この学会賞は、前年に同学会の学会誌に掲載された論文で、最も優れた論文に授与される賞であり、2016年にESMO2016 (Copenhagen) で井内が Best Poster Award を受賞して以来の受賞となりました。

 

脳神経外科では、これからも科学に基づいた先進的な医療を開発・提供する中で、広く県民の健康に貢献したいと考えています。 

脳神経外科 井内 俊彦