ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年1月15日

予防疫学研究部

 当研究部は健康福祉部が1975年以来実施する千葉県がん登録事業の中央登録室を受託し、地域がん登録と院内がん登録の連携によってがん登録の精度を高めてきました。そして、2016年1月より全国がん登録が始まりました。

 全国がん(成人病)センター協議会(全がん協)の生存率データの集計を実施しています。全がん協加盟施設を対象とした研究班調査を通じて、日本のがん診療の中核施設における生存率データに基づき、WEB上に生存率集計システム(KapWeb)(https://kapweb.chiba-cancer-registry.org/外部サイトへのリンク)を公開しました。

 研究の柱は千葉県がん登録の活用と分子疫学の推進です。がん登録データの活用を図るため、日本多施設共同コーホート研究(J-MICC研究)に参加しています。2005年以来、全国の予防医学に関わる研究機関と協同してJ-MICC 研究を進めています。追跡調査を実施し、体質診断に基づいて個別化された予防法を開発していきます。また他の部室と連携して、県民の健康作りに役立つ研究の基盤となるゲノムコホート研究を進めてまいります。

zengan

 

ekigaku

メンバー

部長

三上 春夫

研究員

中村 洋子

ekigaku

最近の主な業績

  1. Yin G, Naito M, Wakai K, Morita E, Kawai S, Hamajima N, Suzuki S, Kita Y, Takezaki T, Tanaka K, Morita M, Uemura H, Ozaki E, Hosono S, Mikami H, Kubo M, Tanaka H; Japan Multi-institutional Collaborative Cohort (J-MICC) Study Group. ALDH2 polymorphism is associated with fasting blood glucose through alcohol consumption in Japanese men. Nagoya J Med Sci. 78(2):183-193. 2016.
  2. Nishida Y, Hara M, Sakamoto T, Shinchi K, Kawai S, Naito M, Hamajima N, Kadota A, Suzuki S, Ibusuki R, Hirata A, Yamaguchi M, Kuriyama N, Oze I, Mikami H, Kubo M, Tanaka H; Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort (J-MICC) Study Group. Influence of cigarette smoking and inflammatory gene polymorphisms on glycated hemoglobin in the Japanese general population. Prev Med Rep. 3:288-295. 2016.
  3. Nanri H, Nishida Y, Nakamura K, Tanaka K, Naito M, Yin G, Hamajima N, Takashima N, Suzuki S, Nindita Y, Kohno M, Uemura H, Koyama T, Hosono S, Mikami H, Kubo M, Tanaka H. Associations between Dietary Patterns, ADRβ2 Gln27Glu and ADRβ3 Trp64Arg with Regard to Serum Triglyceride Levels: J-MICC Study. Nutrients. 8(9). pii: E545. 2016.
  4. Fukuda M, Takatori A, Nakamura Y, Suganami A, Hoshino T, Tamura Y, Nakagawara A. Effects of novel small compounds targeting TrkB on neuronal cell survival and depression-like behavior. Neurochem. Int. pii: S0197-0186(16)30086-9. doi: 10.1016/j.neuint.2016.04.017, 2016.
  5. Tatsumi Y, Takano R, Islam MS, Yokochi T, Itami M, Nakamura Y, Nakagawara A. BMCC1, which is an interacting partner of BCL2, attenuates AKT activity, accompanied by apoptosis. Cell Death Dis. 6:e1607, 2015.
  6. Nakamura Y, Suganami A, Fukuda M, Hasan MK, Yokochi T, Takatori A, Satoh S, Hoshino T, Tamura Y, Nakagawara A. Identification of novel candidate compounds targeting TrkB to induce apoptosis in neuroblastoma. Cancer Med. 3:25-35, 2014.