ここから本文です。

更新日:令和2(2020)年3月24日

実験動物研究室

々の研究室は動物実験施設として施設内で行われる動物実験を支援し、マウスの飼育、管理を行うと同時に研究室独自のテーマとしてマウスモデルを用いたいくつかのプロジェクトを立ち上げています。

臓器としては主に皮膚に焦点を当て、DMBA/TPAの2種類の化学発がん剤を用いた多段階発がんのプロトコールを用いています。DMBAとTPAを用いた発がん実験は良性腫瘍であるパピローマ、および皮膚扁平上皮がんを誘導する方法として広く用いられています。このモデルの大きな利点はマウスの体の表面に腫瘍ができることから腫瘍が進展していく過程を特別な装置を用いずに肉眼的に簡便に観察できる点にあります。このモデルを用いて日本産野生マウス、モロシヌスが保有する発がん抵抗性/感受性遺伝子座の探索や、各種のノックアウトマウス、トランスジェニックマウスを用いた発がん実験を行っています。それらの研究と並行して、以前から当センターで行われてきた神経芽腫関連遺伝子の遺伝子改変マウスを用いた神経発生に関する研究や、がんセンターという利点を生かした臨床検体の移植実験や抗がん剤の試験等の研究も行っていきたいと考えています。

doubutsu-2

メンバー

室長

若林 雄一

研究員

奥村 和弘

実験動物研究室集合写真

最近の主な業績

  1.  Saito M et al., A Polymorphic Variant in p19Arf Confers Resistance to Chemically Induced Skin Tumors by Activating the p53 Pathway. Journal of Investigative Dermatology. 139 (7) : 1459-1469. (2019).
  2. Okumura K et al., The parathyroid hormone regulates skin tumour susceptibility in mice. Scientific Reports. 7 (1) : 11208. (2017).
  3. Okumura K et al., CENP-R acts bilaterally as a tumor suppressor and an oncogene in the two-stage skin carcinogenesis model. Cancer Science. 108 (11) : 2142-2148. (2017).
  4. Okumura K et al., Meis1 regulates epidermal stem cells and is required for skin tumorigenesis. PLoS One. 9 (7) : e102111. (2014).
  5. Okumura K et al., Congenic mapping and allele-specific alteration analysis of Stmm1 locus conferring resistance to early-stage chemically induced skin papillomas. PLoS One. 9 (5) : e97201. (2014).
  6. Okumura K et al., Independent genetic control of early and late stages of chemically induced skin tumors in a cross of a Japanese wild derived inbred mouse strain, MSM/Ms. Carcinogenesis. 33 (11) : 2260-2268 (2012) .
  7. Wakabayashi Y et al., Promotion of Hras-induced squamous carcinomas by a polymorphic variant of the Patched gene in FVB mice. Nature. 445 (7129) : 761-765 (2007).
  8. Wakabayashi Y et al., Bcl11b is required for differentiation and survival of alphabetaT lymphocytes. Nature immunology. 4 (6) : 533-539. (2003) .