ここから本文です。

更新日:令和3(2021)年2月8日

がん遺伝創薬研究室

当研究室では、遺伝学、分子生物学、有機化学、情報科学を駆使し、ゲノム創薬からAI創薬へと独自抗がん剤開発を目指し研究をすすめている。ゲノムDNAの塩基配列を特異的に認識する化合物合成を機械学習に基づき複数の機能を合理的に保持した低および中分子化合物としてがん遺伝子の破壊や発現抑制、がんに必須な遺伝子機能の停止、がんを抑制する遺伝子の発現促進、免疫活性化などを行う抗がん剤の開発などを行っている。さらに薬を自由に患部に届け腎臓や肝臓の負担を減らす、例えばがんやがん周囲微小環境だけに薬が届く工夫をすることで癌を特異的に攻撃できる化合物を開発し、千葉県から特許を出願、“くすり”としての臨床応用をめざして新しい概念の抗がん剤を開発している。例えば、変異KRASやMYC、PIK3CA、ALK、免疫チェックポイントといった代表的ながん治療標的遺伝子を阻害する新規抗癌剤の開発や遺伝子の読み取りかたを制御するエピジェネティクスに着目したヒストン修飾介入、そして図に示すミトコンドリアゲノム介入薬剤によるがん、老化を含むミトコンドリア関連疾患の治療法開発、さらに機械学習による薬剤効果・副作用予測にも取り組んでいる。

ミトコンドリア(PNG:557.2KB)

(画像をクリックすると拡大表示されます)

メンバー

室長(事務取扱)

永瀬 浩喜

主任上席研究員

越川 信子

研究員

山本 清義
研究員 リン ジェイソン
特任研究員 竹永 敬三

集合写真

最近の主な業績

  1. Takenaga K, Akimoto M, Koshikawa N, Nagase H. Cancer cel-derived interleukin-33 decoy receptor sST2 enhances orthotopic tumor growth in a murine pancreatic cancer model. PLoS One, 15(4):e023230, 2020.

  2. Lin J, Nagase H. The road not taken with pyrole-imidazole polyamides:off-target effects and genomic binding. Biomolecules, 10(4), 544, 2020.

  3. Terashima Y et al. Targeting FROUNT1 with disulfiram suppresses macrophage acumulation and tumor-promoting properties. Nat Comun 11, 609, 2020.

  4. Ando K et al. Co-inhibition of the DNAdamage response and CHK1 enhances apoptosis of neuroblastomacells. Int J Mol Sci, 20(15), 370, 2019.

  5. Kitagawa Y, Okumura K et al. Enrichment technique to allow early detection and monitor emergence of KRAS mutation in response to treatment. Sci Rep 9, 11346,2019.

  6. Lin J, Kuo T, Horton P, Nagase H. CRED:a rapid peak caller for Chem-seq data. J Open Source Softw, 4(37), 1423, 2019.

  7. Lin J, Krishnamurthy S, Yoda H, Shinozaki Y, Watanabe T, Koshikawa N, Takatori A, Horton P, Nagase H. Estimating genome-wide off-target effects for pyrole-imidazole polyamide binding by a pathway-based expression profiling aproach. PLoS One, 14(4), e0215247, 2019.

  8. Inagaki Y et al. Silencing of EPHB2 promotes epithelial-mesenchymal transition of skin squamous cel carcinoma-derived A431 cells. Oncol Let, 17(4), 3735-3742, 2019.

  9. Yoda H, Inoue T et al. Direct Targeting ofMYCN GeneAmplification by Site-Specific DNAAlkylation in Neuroblastoma. Can Res, 79(4), 830-840, 2019.

  10. Saha HR et al. Supression of GPR56 expression by pyrole-imidazole polyamide represents a novel therapeutic drug for AML with high EVI1 expression. Sci Rep, 8(1), 13741, 2018.

  11. Hiraoka K, Inoue T et al. Inhibition of KRAS codon12 mutants using a novel DNA-alkylating pyrole-imidazole polyamide conjugate. Nat Comun 6:6706, 2015.

  12. Quigley DA et al. Genetic architecture ofmurine skin inflamation and tumor susceptibility. Nature 458, 505-508, 2009.