サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 防災・安全・安心 > 健康被害の防止 > 食品に関する注意喚起 > 食中毒の発生について(令和2年7月8日)

報道発表案件

更新日:令和2(2020)年7月22日

食中毒の発生について(令和2年7月8日)

発表日:令和2年7月8日
健康福祉部衛生指導課
電話:043-223-2639

概要

令和2年7月1日(水曜日)午前11時30分頃、市原市内の医療機関から「食中毒疑いの患者を診察した。患者は6月26日(金曜日)に市原市内の飲食店を利用し、下痢、発熱等の症状を呈している。」旨の連絡が市原保健所にあり、調査を開始した。

調査の結果、6月26日(金曜日)に市原市内の飲食店を利用した2グループ8名のうち2グループ5名が下痢、発熱等の症状を呈し、5名が医療機関を受診していたことが判明した。

患者2グループに共通する食品は、当該施設が提供した食事に限られており、患者の便から食中毒の病因物質であるカンピロバクターが検出されたこと、患者の発症状況がカンピロバクターによるものと一致したこと、患者を診察した医師から食中毒患者等届出票が提出されたことから、本日、市原保健所長は、当該施設を原因施設とする食中毒と断定し、営業停止処分を行った。

なお、患者は全員快方に向かっている。

1喫食者数

8名

2患者数

5名

(内訳)男性4名(20~22歳)

    女性1名(45歳)

3受診状況

医療機関受診者5名、うち入院患者2名

4主な症状

下痢、発熱

5発症日時

令和2年6月29日(月曜日)午前8時頃から

6原因施設

所在地:市原市

業 種:飲食店営業

7原因食品

6月26日(金曜日)に当該施設で提供された食事

(主な献立)焼き鳥(鶏もも、ねぎま、鶏レバー等)、厚焼き玉子、自家製から揚げ、シーザーサラダ 等

8病因物質

カンピロバクター

9行政措置

営業停止3日間(令和2年7月8日から7月10日)

参考

令和2年度食中毒事件発生状況(令和2年7月8日現在速報値)
区分 千葉県 千葉市 船橋市 柏市 合計 昨年度同期
件数

1

2

0

0

3

11

患者数

5

11

0

0

16

224

死亡者数

0

0

0

0

0

0

注:本日発表分含む

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部衛生指導課食品衛生監視班

電話番号:043-223-2638

ファックス番号:043-227-2713

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?