ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > 食生活 > 食の安全・安心 > 食の安全・安心電子館 > 食品衛生法・食品表示法違反者等の公表について > スルファモノメトキシン(動物用医薬品:サルファ剤)が基準値を超えて検出された「鶏卵」の回収について

報道発表資料

更新日:平成29(2017)年8月24日

スルファモノメトキシン(動物用医薬品:サルファ剤)が基準値を超えて検出された「鶏卵」の回収について

発表日:平成29年8月24日
千葉県健康福祉部衛生指導課
電話:043-223-2639
千葉県農林水産部畜産課
電話:043-223-2923

概要

平成29年7月24日(月曜日)に、千葉県食品衛生監視指導計画に基づき山武保健所が「鶏卵(生食用)」の残留動物用医薬品検査を実施したところ、残留基準値を超えるスルファモノメトキシン(サルファ剤)が検出されたことから、本日、山武保健所長は、生産・出荷者に対して当該品の回収を指示しました。

なお、当該品についてはすでに流通していますが、現時点で当該品の喫食による健康被害等の届出はありません。

1生産・出荷者

所在地:山武市

2違反内容

食品衛生法第11条第3項違反
スルファモノメトキシン 0.14ppm検出(基準値:0.01ppm)

3回収対象品

名称:鶏卵(生食用)千葉県産

賞味期限:平成29年8月4日

容器包装:合成樹脂:90袋(10個入り/袋)

     無包装:950.78kg

4販売先

合成樹脂:JA山武郡市農産物直売店「山武緑の風」(大網店、東金店)

     道の駅「みのりの郷東金」

無包装:調査中

5生産者への対応

  1. 本日、当該農家への立入調査を実施し、原因究明と再発防止策について指導。
  2. 県内全ての養鶏場に対し、抗生物質等の薬剤の適正使用に関する啓発資料を配布予定。

 

 

※1~4については衛生指導課、5については畜産課にお問い合わせください。 

 

参考

スルファモノメトキシンは、動物用医薬品として使用されており、動物の抗菌・抗原虫剤としての効能があります。

なお、今回検出された数値(0.14ppm)については、人の健康に悪影響を及ぼすものではありません。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部衛生指導課食品衛生監視班

電話番号:043-223-2638

ファックス番号:043-227-2713

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?