サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > 食生活 > 食の安全・安心 > 千葉県食品衛生監視指導計画 > 平成27年度千葉県食品衛生監視指導計画の実施状況

更新日:令和元(2019)年6月19日

平成27年度千葉県食品衛生監視指導計画の実施状況

千葉県では、「平成27年度千葉県食品衛生監視指導計画」に基づき消費者の健康の保護を図るために、食品事業者に対し監視指導を行なうとともに、県内で生産又は販売される食品等(輸入食品を含む)について、食品衛生法(以下「法」という)に基づく検査等を実施しましたのでその結果をお知らせします。

 監視指導実施状況

(1)ランク別の監視状況

営業施設の監視指導については、業種(施設)毎に、過去の食中毒の発生頻度、法に基づく違反状況(成分規格基準等)、製造・販売される食品の流通の広域性及び営業の特殊性などを考慮して、監視指導の重要度の高い業種(施設)の順にAランク業種(施設)、Bランク業種(施設)、Cランク業種(施設)、Dランク業種(施設)及びEランク業種(施設)に分類し監視指導を実施しました。
監視状況は、表1のとおりで、総監視件数は、67,877件でした

表1監視状況
ランク区分
(監視目標数)
主な対象施設 対象件数 監視件数
Aランク
(年3回以上)
地方公設市場
広域流通食品製造施設等
(と畜場・食鳥処理場を含まない)
422 945
Bランク
(年2回以上)
集団給食等大規模調理施設
大規模小売店舗
民営市場等
5,015 7,655
Cランク
(年1回以上)
一般飲食店
広域流通をしない食品製造業
27,622 20,976
Dランク
(2年に1回以上)
その他の販売業等 54,616 35,446
Eランク
(許可更新時)
自動販売機等 9,440 2,855
合計   97,115 67,877

(対象施設件数は平成27年度末現在)

(2)違反状況

営業施設に対する立入り検査等の結果、違反のあった施設は148件でした。
その主なものは、千葉県食品衛生法施行条例違反(施設基準違反等)、食品衛生法違反(無許可営業等)に伴うものでした。

表2違反状況
項目 合計 許可を要する施設 許可を要しない施設

違反発見施設数

148 133 15

違反件数総数

159 144 15

施設基準違反

15 15 -

管理運営基準違反

42 42 -

製造基準等違反

1 1 -

食品等規格基準違反

11 8 3

表示基準違反

6 4 2

食中毒

11 11 0

その他の違反

31 21 10

無許可営業

42 42 -

(注)違反件数は、ひとつの施設に重複して違反が発見されたことがあったため、違反施設数より多くなっています。

(3)違反に対する措置状況

営業・業務停止命令は、食中毒事件に伴う措置でした。

表3違反に対する措置状況
項目 合計 許可を要する施設 許可を要しない施設
総数 159 144 15
営業禁止命令 0 0 0
営業・業務停止命令 11 11 0
改善命令 0 0 0
物品廃棄命令 0 0 0
回収命令 4 3 1
始末書等 59 56 3
処分以外の措置 85 74 11

(4)違反発見施設の内訳(業種別)

違反発見施設のうち、許可を要する施設が133件、許可を要しない施設が14件でした(無許可営業に対する措置を含む)。

表4許可を要する施設の違反発見施設数
業種 施設数
飲食店営業 80
菓子製造業 13
アイスクリーム製造業 3
喫茶店営業 3
魚介類販売業 8
乳処理業 2
乳類販売業 9
食肉処理業 1
食肉販売業 5
食肉製品製造業 1
そうざい製造業 1
魚肉ねり製品製造業 1
食品の冷凍または冷蔵業 1
あん類製造業 2
食用油脂製造業 1
清涼飲料水製造業 1
氷雪製造業 1
合計 133
表5許可を要しない施設の違反違反発見施設数
業種 施設数
食品製造業 2
野菜・果物販売業 4
そうざい販売業 2
菓子販売業 1
食品販売業 4
添加物販売業 1
器具・容器包装、おもちゃの製造業又は販売業 1
合計 15

(5)夏期及び年末一斉取締実施結果について

夏期における食品の一斉取締りの実施結果(平成27年度)

年末における食品の一斉取締りの実施結果(平成27年度)

 食品等検査実施状況

(1)品目別検査実施状況

農産物

  • 県内産農産物及び輸入冷凍野菜・果実の残留農薬検査では、法に定める基準値を越えたものはありませんでした。
  • 落花生、輸入ナッツ類及び乾燥果実の検査でアフラトキシン(カビ毒)及びアフラトキシンを産生するカビ(アスペルギルスフラバス)は検出されませんでした。

水産物

  • 県内産養殖魚等の抗生物質及び動物用医薬品の検査では、検査した抗生物質及び動物用医薬品については、法に定める基準値を超えたものはありませんでした。また、県内産養殖魚等の総水銀は暫定的規制値内でした。
  • 県内産あさりの総水銀は暫定的規制値内でした。また、PCB、有機スズ化合物は検出されませんでした。
  • 県内産岩かきの細菌検査において法に定める違反はありませんでした。また、貝毒、ノロウイルスの検出はありませんでした。

畜産物

  • 県内産鶏卵から動物用医薬品及びサルモネラ属菌は検出されませんでした。
  • 県内産はちみつから動物用医薬品は、検出されませんでした。
  • 牛肉・豚肉・鶏肉(輸入食肉を含む)の、動物用医薬品及び残留農薬検査では法に定める基準値を超えた食品はありませんでした。

加工食品等

  • 農産物加工品の残留農薬検査では、検査した農薬については、法に定める残留農薬基準値を超えた食品はありませんでした。
  • ふぐの身欠きからテトロドトキシン(ふぐ毒)は検出されませんでした。
  • 組換え遺伝子技術応用食品の検査で法違反はありませんでした。
  • アレルギー物質を含む食品の検査で法違反はありませんでした。
  • 加工食品の検査で11検体について、法違反が確認されました。

放射性物質検査

  • 市場流通食品の放射性物質検査では、法に定める基準値を超えた食品はありませんでした。

その他

  • 容器・包装及び食品添加物の規格基準検査では、法違反はありませんでした。

(2)食品の検査成績について

表6品目別検査実施検体数
品目

国内産食品等

実施検体数

輸入食品
農産物 83 -
農産物加工品等 - 74
水産物 11 10
畜産物 238 16
加工食品等 2,060 69
放射性物質検査 660 -
ナッツ類 - 16
その他 124 -
合計 3,176 185

(3)違反食品の内訳

加工食品の検査で法違反が確認された11件について、違反の内訳は次の通りです。

  • 食品衛生法第11条第2項違反(食品又は添加物の基準及び規格)8件
  • 食品表示法第5条違反(表示の基準)3件

違反食品に対する措置

加工食品の検査で法違反が確認された11件について、措置の内訳は次の通りです。

表7違反食品の内訳
食品名 検査結果 違反事由 違反条項 違反食品の措置
食肉製品 大腸菌群陽性 規格基準違反 食品衛生法第11号第2項 自主廃棄、指導票
白あん シアン化合物の検出 規格基準違反 食品衛生法第11号第2項 自主廃棄、指導票
白あん シアン化合物の検出 規格基準違反 食品衛生法第11号第2項 自主廃棄、指導票、報告書
アイスクリーム 大腸菌群陽性 規格基準違反 食品衛生法第11号第2項 自主廃棄、指導票、報告書
アイスミルク 大腸菌群陽性 規格基準違反 食品衛生法第11号第2項 指導票、報告書
アイスミルク 大腸菌群陽性 規格基準違反 食品衛生法第11号第2項 指導票、報告書
和生菓子 ソルビン酸無表示 表示基準違反 食品表示法第19号第2項 指導票
生あん シアン化合物の検出 規格基準違反 食品衛生法第11号第2項 回収命令、指導票
漬物 ソルビン酸無表示 表示基準違反 食品表示法第19号第2項 自主回収、始末書
漬物 ソルビン酸無表示 表示基準違反 食品表示法第19号第2項 自主回収、始末書
アイスクリーム 大腸菌群陽性 規格基準違反 食品衛生法第11号第2項 回収命令、指導票

 衛生教育実施状況

食品衛生関係講習会は349回開催し、受講者は32,928人でした。
営業者に対しては、食品の衛生的な取り扱い、食中毒予防、食品の表示及び食品衛生法施行条例の改正に伴う食品等事業者が食品営業上講ずべき措置等について周知するとともに、意識の向上を図りました。
また、消費者に対しては、家庭でできる食中毒予防、食品の表示等について普及啓発を図りました。

表8衛生教育実施状況
項目 営業者 消費者 合計
回数 301 48 349
受講者数 29,903 3,025 32,928

 食中毒の発生状況

平成27年度の千葉県内における食中毒発生件数は23件で、患者数は227人(うち死亡患者数0名)でした。

表9食中毒の発生状況
平成27年4月1日から平成28年3月31日まで
自治体 千葉県 千葉市 船橋市 柏市 合計
件数 13 3 4 3 23
患者数 159 11 44 13 227
死亡患者数 0 0 0 0 0
1件あたり患者数 12.2 3.7 11.0 4.3 9.9
表10病因物質別発生件数
病因物質 千葉県 千葉市 船橋市 柏市 合計
ノロウイルス 8 1 2 2 13

カンピロバクター

3 1 2 0 6
アニサキス 0 1 0 1 2
サルモネラ属菌 1 0 0 0 1
黄色ブドウ球菌 1 0 0 0 1
表11原因施設別発生件数
原因施設 千葉県 千葉市 船橋市 柏市 合計
飲食店 10 3 4 2 19

仕出し屋

1 0 0 0 1
旅館 1 0 0 0 1
販売店 0 0 0 1 1
家庭 1 0 0 0 1

食中毒注意報及び警報

食中毒注意報発令期間:6月25日から9月30日まで

食中毒警報発令期間:7月21日から9月1日まで

 まとめ

平成27年度の食品衛生監視指導は、過去の食中毒等、食品衛生上の危害の発生状況や施設の管理状況等を踏まえて実施したところですが、食中毒の発生が23件、食品等の検査の結果11件の違反があり、平成26年度と比べて食中毒の発生が大幅に減少いたしました(平成26年度は47件食中毒発生)。

また、食品事業者等(特に製造・加工施設)を対象に、HACCPの具体的な導入方法等についての研修会を12回開催するなど、HACCPによる衛生管理の普及を推進いたしました。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部衛生指導課食品衛生監視班

電話番号:043-223-2638

ファックス番号:043-227-2713

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?