サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > 食生活 > 食の安全・安心 > 千葉県食品衛生監視指導計画 > 平成26年度夏期における食品の一斉取締りの実施結果について

更新日:平成30(2018)年6月6日

平成26年度夏期における食品の一斉取締りの実施結果について

千葉県では、夏期に発生しやすい食中毒等の食品に起因する健康被害の発生を防止するため、平成26年6月1日から9月30日までを、「千葉県食品衛生夏期対策実施期間」として、食品事業者等の監視指導を行なうとともに、県民に対して広報活動等を通じて食中毒予防に関する啓発を行いました。
このたび、「千葉県食品衛生夏期対策」の実施結果をまとめましたのでお知らせします。

期間中の重点対策

  • 夏の食品安全推進月間(7月16日から8月15日)
  • 海の家等海浜の食品営業施設一斉監視(7月16日から8月6日)
  • 食中毒予防強調月間(8月1日から8月31日)
  1. 監視指導結果
  2. 収去検査結果
  3. 講習会の実施結果
  4. 広報活動
  5. 食中毒注意報及び警報の発令
  6. 期間中における食中毒の発生状況
  7. 重点的監視指導結果

 1監視指導結果

監視指導実施件数

6月1日から9月30日までに28,896件(要許可施設18,502件、許可不要施設10,394件)の施設に対し立入検査を実施し、施設管理や食品の取扱い及び食品表示に関する監視指導を行いました。

違反施設発見状況

立入検査を実施した結果、違反発見状況は下記のとおりでした。

違反施設発見状況
内容 件数
施設基準違反 3
管理運営基準違反 22
規格基準違反 1
表示基準違反 3
食中毒 8
無許可営業 37
その他 32
合計 106

違反業種
業種名 施設数
飲食店営業

40

菓子製造業 11
魚介類販売業 4
食品の冷凍または冷蔵業 1
喫茶店営業 2
アイスクリーム類製造業 2
乳類販売業 5
食肉処理業 2
食肉販売業 6
みそ製造業 3
そうざい製造業 4
食品製造業 3
野菜果物販売業 3
そうざい販売業 4
菓子販売業 4
食品販売業 6
添加物販売業 3
器具・容器包装、おもちゃの製造業又は販売業 3
合計 106
措置
内容 件数
営業停止命令 8
始末書徴収等 39
処分以外の処置 59

 2収去検査結果

食品営業施設において、製造又は販売されている食品1,024検体について、食品衛生法に基づく成分規格検査、食中毒起因菌等の細菌検査及び食品添加物や食品中の残留農薬等の理化学検査を実施しました。

収去検査結果
対象検体 検査検体数 違反検体数 違反内容 措置
魚介類

74

0 - -
冷凍食品

6

1 大腸菌群陽性 指導票、報告書、自主廃棄
魚介類加工品 21 0 - -
肉卵類及びその加工品 136 0 - -
乳製品 13 0 - -
乳類加工品 4 0 - -
アイスクリーム類・氷菓 6 0 - -
穀類及びその加工品 15 0 - -
野菜類・果実及びその加工品 198 0 - -
菓子類 86 0 - -
清涼飲料水 9 0 - -
酒精飲料 6 0 - -
かん詰・びん詰食品 5 0 - -
牛乳 15 0 - -
加工乳 1 0 - -
その他の食品 429 0 - -
合計 1,024 0 - -

 3講習会の実施結果

期間中に、食中毒予防、食品の衛生的な取扱い及び食品営業者が公衆衛生上講ずべき措置の基準等について食品衛生講習会を開催しました。

講習会実施結果
対象者 回数 受講者数
食品営業関係従事者 133 13,782
給食施設従事者 24 4,208
一般住民 13 834
その他(指導員) 9 431
合計 179 19,255

 4広報活動

食中毒予防パレードの実施

8月7日(木曜日)に県内全保健所で社団法人千葉県食品衛生協会と共催で、広報車によるパレードやショッピングセンター等でポスター2,004枚の掲示、リーフレット22,993枚及び啓発用うちわ1,700枚等の配布を行い、食中毒予防の啓発を行いました。

その他の広報活動

ホームページ、防災無線、広報誌等により、県民へ夏期の食中毒予防の啓発を行いました。

 5食中毒注意報及び警報の発令

夏期において、食中毒が発生しやすい時期に、「食中毒注意報」を発令し、県民に対し食品衛生に関する注意喚起を行いました。

発令状況
区分 発令期間
食中毒注意報 平成26年7月10日(木曜日)から9月30日(火曜日)まで
食中毒警報 平成26年7月31日(木曜日)から9月1日(月曜日)まで

 6期間中における食中毒の発生状況

期間中の県内における食中毒の発生は15件(うち千葉市2件、船橋市3件、柏市2件)、患者数は126名(うち千葉市28名、船橋市15名、柏市24名)でした。

主な原因食品

  • 飲食店の食事13件
  • 給食1件
  • 不明1件

主な原因物質

  • 腸炎ビブリオ5件
  • カンピロバクター5件
  • サルモネラ属菌2件
  • クドア・セプテンプンクタータ2件
  • 腸管出血性大腸菌(O157)1件

原因施設

  • 飲食店13件
  • 給食施設(事業所)1件
  • 不明1件

 7重点的監視指導結果

夏の食品安全推進月間(7月16日から8月15日)

特に大規模食品製造施設、大量調理施設、卸売市場、食肉を生食として取扱う施設等に対し重点的な監視指導等を行いました。
この期間中に、5,883件の施設に対し監視指導を行い、42件の違反を発見しました。また、213検体の食品を検査し、違反はありませんでした。

海の家等海浜の食品営業施設一斉監視(7月16日から8月6日)

海浜観光地における海の家等食品営業施設136施設に立入り、調理場の区画整備、手洗い設備やシンクの不足、冷蔵庫内温度の保持、従事者に対する健康管理等について監視指導を行いました。

食中毒予防強調月間(8月1日から8月31日)

食品営業者や消費者に食品衛生について広く啓発するために、食中毒予防パレードを実施し、リーフレット等の配布を行うとともに食肉処理施設、食肉販売施設、集団給食施設、弁当製造施設等に対し重点的に監視指導を行いました。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部衛生指導課食品衛生監視班

電話番号:043-223-2626

ファックス番号:043-227-2713

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?