ここから本文です。

更新日:令和3(2021)年1月4日

ページ番号:406770

2016年4月以降に千葉県内医療機関で麻疹(麻疹疑い)と診断された方へ

当所では、感染症発生動向調査事業に基づき、千葉県内医療機関で麻疹(麻疹疑い)と診断された方の臨床検体について、麻疹ウイルスの遺伝子検査を実施しています。

2016年、千葉県内で麻疹アウトブレイクが発生しましたが、中には、ワクチン接種者において麻疹ウイルス遺伝子陽性者がいました。麻疹は、ワクチン接種率の向上で患者数が減少していますが、その結果、麻疹症例全体における修飾麻疹(ワクチン接種者における非典型的な麻疹発症)が増加傾向にあります。

本研究では、検査の残余検体を使用し、麻疹(麻疹疑い)患者の抗体等を測定するとともに、併せてワクチン接種歴や接触者情報等の疫学情報を分析し、今後の麻疹発生時の対応に役立てることを目的としています。

そこで、2016年4月~2020年3月までに千葉県内医療機関を受診し、麻疹(麻疹疑い)と診断された方の残余検体(血液)を研究に使用させていただきます。

本研究は千葉県衛生研究所等疫学倫理審査委員会の承認を受けて実施します。

当所で保有する既存検体・情報は匿名化されており、個人が特定されることはありません。

また、対象者個人に生じる新たな負担並びに予測されるリスクはありません。

研究対象者:

2016年4月~2020年3月に千葉県内医療機関で麻疹(麻疹疑い)と診断された方

研究期間:

2020年8月~2022年3月(予定)

研究責任者:

千葉県衛生研究所ウイルス・昆虫医科学研究室 西嶋 陽奈

※研究に関するご質問等がある場合は下記宛てご連絡ください。

お問い合わせ先

千葉県衛生研究所ウイルス・昆虫医科学研究室

研究責任者 西嶋 陽奈

TEL:043-266-6725

FAX:043-265-5544

 

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部千葉県衛生研究所ウイルス・昆虫医科学研究室

電話番号:043-266-6723

ファックス番号:043-265-5544

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?