ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 保健医療政策 > 千葉県衛生研究所 CHIBA PREFECTURAL INSTITUTE OF PUBLIC HEALTH > 国内で初めて分離されたジカウイルスの提供について(2016年9月)

報道発表資料

更新日:平成30(2018)年10月5日

国内で初めて分離されたジカウイルスの提供について(2016年9月)

発表日:平成28年9月2日

健康福祉部千葉県衛生研究所

千葉県衛生研究所において、ジカウイルス感染症患者(輸入症例)の血清から国内で初めてウイルスの分離に成功しました。現在、ジカウイルス感染症に対してワクチンや抗ウイルス薬がないことから、診断・治療及び予防に関する基礎的研究やワクチンの研究の推進のため、国内ワクチンメーカー2法人に対して、分離したジカウイルスの提供について契約を締結しましたのでお知らせします。

契約内容

契約に関する内容は、以下のとおりです。

1.契約締結日

国内ワクチンメーカー2法人:平成28年9月2日

  • 一般財団法人阪大微生物病研究会
  • 一般財団法人化学及血清療法研究所

※平成28年7月26日に国立感染症研究所とも締結済み

2.提供ウイルス

ジカウイルス(ウイルス株名:ZIKV/Hu/Chiba/S36/2016)

3.使用目的

  • 国内ワクチンメーカー:ジカウイルス感染症に対する試作ワクチンの研究
  • 国立感染症研究所:ジカウイルス感染症の診断、治療、予防に関する研究及びジカウイルスに関する基礎的研究

ジカウイルスの分離について

  • 4月に流行地域から帰国した本県在住のジカウイルス感染症患者の血清から5月30日にウイルスを分離しました。

  • 9月2日現在、全国で10名の患者発生が報告されていますが(いずれも輸入症例)、ジカウイルスが分離されたという報告はありません。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部千葉県衛生研究所企画・精度管理室

電話番号:043-266-6723

ファックス番号:043-265-5544

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?