サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年2月12日

ダム管理業務(片倉ダム)

片倉ダムは、洪水調節並びに水道用水及び既得取水の安定、河川環境の保全等のための流量の確保を目的とする。

  1. 洪水調節の放流(流入量が毎秒100m3を越えた場合)
  2. 水道用水の放流(君津広域水道企業団)
  3. 既得取水の安定等のための放流

放流設備の操作

水道用水・既得取水の安定の放流は放流管により行い、洪水調節等は水位上昇とともに常用洪水吐並びに非常用洪水吐から自然越流により放流する。

放流の原則

ダムから放流を行う場合においては、放流により下流に急激な水位変動を生じないよう、かつ、放流が無効放流とならないように努めるものとする。

点検整備

次に掲げる施設を常に良好な状態に保つため、点検整備を行う。

  1. ダム本体
  2. 放流バルブ関係設備
  3. 放流を操作するため必要な機械及び器具
  4. 警報、通信連絡、観測等のために必要な設備
  5. 監視のために必要な船舶
  6. 警報のために必要な車両
  7. その他上記操作に必要な資材

調査測定

  • (1)気象・・・天候、気圧、気温、湿度、風向、風速、降雨量
  • (2)貯水池・・・水位、貯水量、流入量、放流量、水温、堆砂量、水質
  • (3)ダム・・・漏水量、揚圧力、地下水位、変形(岩盤変位)
  • (4)河川水量・・・上下流地点の水位及び流量
  • (5)効果・・・洪水調節、上水道、不特定かんがい等

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:県土整備部亀山・片倉ダム管理事務所管理課

電話番号:0439-39-2400

ファックス番号:0439-39-2887

郵便番号:〒292-0523
住所:千葉県君津市豊田33

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?