ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > 消費生活 > 消費生活に関する相談 > 消費者センター > 「高齢者被害特別相談」の実施について

報道発表資料

更新日:平成29(2017)年10月2日

「高齢者被害特別相談」の実施について

発表日:平成29年8月31日

千葉県消費者センター

高齢化が進む中、悪質な電話勧誘販売等による高齢者の消費者被害があとを絶ちません。千葉県では、関東甲信越ブロック高齢者悪質商法被害防止共同キャンペーンの一環として「高齢者被害特別相談」を実施します。

高齢者の皆様、そのご家族など身近に接していらっしゃる皆様、「おかしいな?」と思うことがありましたら、この機会にご相談ください。

1.日時

平成29年9月11日(月曜日)から13日(水曜日)までの3日間(※相談受付は終了しました)

2.受付時間(電話、来所共通)

午前9時から午後4時30分まで

3.相談専用電話

相談専用電話:047-434-0999

※当センターへの来所による相談も受け付けています。

4.高齢者から多く寄せられる相談例

県の消費者センターが受け付けた「電話勧誘販売」「訪問販売」に係る相談のうち半数以上が高齢者からのものです。

商法別では、

  • 無料商法…無料体験を受け、親切にされた手前断り切れずに高額な商品の契約をしてしまった。
  • 点検商法…無料点検といい、異常があったとして強引に高額な契約をさせられた。
  • 利殖商法…必ず値上がりするといわれ、未公開株を購入したが連絡がとれなくなった。

といった相談が多くなっています。

5.相談をされる皆様へ

平成28年度に千葉県消費者センターに寄せられた相談の3割近くが60歳以上の高齢者からの相談です。

「話がうますぎる」「おかしいな?」と少しでも疑問を感じたら、千葉県消費者センターまで御相談ください。

共同キャンペーン参加機関

関東甲信越の16都県市(千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、栃木県、新潟県、長野県、茨城県、山梨県、千葉市、横浜市、川崎市、さいたま市、相模原市、新潟市)及び独立行政法人国民生活センター

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部消費者センター 

電話番号:047-431-3811

ファックス番号:047-431-3858

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?