サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > 消費生活 > 消費生活に関する相談 > 消費者センター > 「仮想通貨」に関するトラブルにご注意ください

報道発表案件

更新日:平成31(2019)年3月26日

「仮想通貨」に関するトラブルにご注意ください

情報更新:平成31年3月22日

発表日:平成29年12月12日

千葉県消費者センター

インターネット上には、誰でも簡単に稼げるような表現を用いて、仮想通貨に関連付けた投資を募る業者が数多く存在しています。「うまい話は罠」と疑い、決してだまされないでください。仮想通貨を利用する際は下記の事項に留意し、不安を感じたり、困ったときは、千葉県消費者センター(相談専用電話:047-434-0999)又はお住まいの市町村の消費生活相談窓口に相談してください。

※相談事例

  • 「仮想通貨投資のプロが毎日あなたの資産を増やし続ける」という動画を信じて、口座に数十万円入金したが、元金が減り続けている。
  • 「取引所に上場するので必ず値上がりする」という仮想通貨を数十万円で購入したが、価格が暴落し、主宰者とも連絡が取れなくなった。
  • 高齢の親が業者から電話で「必ず儲かる」と勧誘され、よく理解しないままに高額な仮想通貨を購入してしまったが、解約して全額を返金してほしい。

仮想通貨に関する注意事項

仮想通貨交換業の登録業者かどうか確認しましょう。

改正資金決済法等の施行に伴い、仮想通貨交換業者は金融庁・財務局への登録が義務付けられています。利用する際は、相手方が登録を受けた事業者か、金融庁・財務局のホームページで事業者名、本店所在地、取り扱う仮想通貨名等を確認してください。また、事業者が行政処分を受けているかどうかも金融庁・財務局のホームページで確認しましょう。

また、仮想通貨に関連付けた投資を事業者が募る際、金融商品取引業者の登録が必要な場合があります。金融取引法の登録業者かどうかについても、金融庁のホームページで確認してください。(ただし、届け出があるからと言って信用性が保証されている訳ではありません。)

仮想通貨取引に伴うリスクを考慮しましょう。

仮想通貨は、国が価値を保証している「法定通貨」とは異なり、価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。また、仮想通貨はインターネット上でやりとりされる電子データであるため、サイバーセキュリティリスクもあります。仮想通貨の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容やリスクをよく理解してから行ってください。

仮想通貨を利用した詐欺や悪質商法にご注意ください。

誰でも簡単に稼げるような表現を用いて、仮想通貨に関連付けた投資を募る業者が数多く存在していますが、決してだまされないでください。

取引に関して不審に思うときは、下記の窓口にご相談ください

  • 千葉県消費者センター

電話番号:047-434-0999(平日)9時00分~16時30分(土曜日)9時00分~16時00分

※祝休日と年末年始を除く

  • 消費者ホットライン

電話番号:(局番なしの)188(いやや!)

※最寄りの消費生活センター等をご案内します。

  • 警察相談専用電話

#9110(平日)8時30分~17時15分は最寄りの警察署まで

関連リンク

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部消費者センター 

電話番号:047-431-3811

ファックス番号:047-431-3858

【注意事項】
このフォームからは、ご相談及び相談内容に関する連絡はお受けできません。
相談専用電話番号047-434-0999をご利用ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?