ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 農業・畜産業 > 畜産 > 千葉県酪農のさとの指定管理について > 平成27年度千葉県酪農のさと指定管理者管理運営状況評価

更新日:平成28(2016)年8月24日

平成27年度千葉県酪農のさと指定管理者管理運営状況評価

千葉県酪農のさと指定管理者の平成26年度の管理運営状況について、次のとおり評価しました。

1概要

(1)施設名等

施設名

千葉県酪農のさと

指定管理者

株式会社ちば南房総

指定管理期間

平成26年4月1日から平成29年3月31日

評価対象年度

平成27年度

第三者評価の有無(今回)

施設所管課

農林水産部畜産課

 

(2)施設の設置目的等

設置目的

県民が酪農に親しみ、その歴史について学ぶ機会を提供することにより、県民の酪農その他の畜産に対する理解を深め、

もって畜産の振興に資する

指定管理者が行う

業務の範囲

  1. 博物展示施設、園地その他の施設の提供
  2. 酪農及びその歴史に関する資料の収集、保存及び調査研究
  3. 体験学習会その他の酪農に親しむ行事の実施
  4. その他酪農のさとの設置の目的を達成するために必要な業務

 

(3)施設の運営状況

年度

利用者(人)

※1

事業費等の内訳(千円)

指定管理料

 

 

(A)

その他維持管理費

 

 

(B)

利用料金

 

 

(C)

事業費

総額

 

 

(A+B+C)

使用料等県収入

 

 

(D)

県の収支

 

 

 

 

(D-A-B)

H25

47,235

34,293

0

0

34,293

0

▲34,293

H26

49,498

32,800

0

0

32,800

0

▲32,800

H27

49,172

32,800

0

0

32,800

0

▲32,800

※1酪農資料館のみの利用者数であり、資料館入口のカウンターにて、カウント

 

 

2評価結果

(1)管理運営状況評価

評価項目

評価

評価理由等

管理業務の実施状況に関する事項

施設の設置目的・法令等の遵守等

 

A

施設の設置目的を理解し、千葉県酪農のさと設置管理条例等に基づいた適切な管理運営が行なわれている。

個人情報は適切に管理され、県への報告業務等も適宜行われている。

安全性の確保

 

 

A

施設の安全確保、日常の事故防止等の点検・清掃・巡視などの安全対策が実施されている。

来園者が動物(山羊、白牛)と触れ合いが出来る施設の特性から、「千葉県酪農のさと管理衛生マニュアル」により、来園者、飼養動物等の衛生面の管理も適切に行われている。

適切な管理運営

A

事業計画どおりに、施設の管理、清掃、警備等が適切に行われている。

園地の草刈、植栽等を適宜実施し、美観の維持に努めている。

飼養動物の健康管理を適切に行っている。

適切な財産管理

A

施設・設備の保守点検が実施され、施設の軽微な修繕を適宜行うなど、適切な維持管理に努めている。

備品、資料等の管理を適切に行っている。

事業の企画運営に関する事項

事業の実施

(必須事業)

A

事業計画に基づき、適切に事業を実施した。

酪農資料館の展示物更新や講演会などを積極的に実施した。

アイスクリーム・白牛酪づくりなど乳製品づくりの体験メニューを積極的に実施した。

サービスの向上

自主事業

地域の連携等

A

自主事業の企画立案を地域住民と行い、「酪農のさとまつり」など、地域と協働したイベントを実施した。

地元市と連携したスタンプラリーの実施など集客増に向けた取組を実施した。

施設利用状況に関する事項

A

新規イベント等を実施するとともに、地域の広報紙の活用、イベントチラシの配布等の広報活動で、来園者の誘致に努め、来園者数は前年度と同等であった。

管理運営体制

A

組織や職員の配置は適切に行われている。

収支状況

S

予算の範囲内で、適正に運営されており、財務状況は健全であると認められる。

利用者意見の反映

利用者満足度

A

館内にアンケートボックスを設置するとともに、窓口において要望や意見の把握に努め、来場者からの要望に対して、対応可能なものは適宜対応している。

総合評価

良好

各評価項目の合計得点21点/30点満点(70%)

各項目の評価点数の平均2.1点

 

(2)特記事項

特に評価される点

設備の点検や施設の修繕を適宜実施し、施設の維持管理に務めた。

酪農振興に係るイベントを実施した。

次年度に向けて

改善が望まれる点

来園者増加に向けて、引き続き酪農振興、地域振興等につながるイベントを積極的に実施すること。イベント実施にあたっては地元酪農家等と連携することが望ましい。

前年度評価で改善が望ましいと指摘された点とその改善状況

(前年度指摘点)

今後も来園者増加に向けたイベントを積極的に実施するとともに、広報・営業活動に努めること。

(改善状況)

嶺岡牧を活用した特別展、講習会等の各種イベントを積極的に実施した。イベント周知のため、チラシの配布、地域の広報誌の活用等により、PRにも努めた。

 

(3)その他

第三者評価におけるその他の意見

なし

 

 

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部畜産課企画経営室

電話番号:043-223-2777

ファックス番号:043-222-3098

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?