サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 農業・畜産業 > 畜産 > 豚コレラの疑い事例の陰性の確認について

報道発表資料

更新日:平成30(2018)年5月24日

豚コレラの疑い事例の陰性の確認について

発表日:平成30年5月24日
農林水産部畜産課

県内の養豚場において、家畜伝染病である豚コレラの疑い事例が確認されましたが、精密検査の結果、本日、豚コレラではないことが確認されました。

1 農場概要

所在地:県北東部

飼育状況:豚6,000頭(繁殖豚600頭、肥育豚5,400頭)

2 異常発見の経緯

5月22日  哺乳豚の下痢と死亡が増加(下痢21頭、死亡24頭)

      家畜保健衛生所へ通報 

      当該豚以外は異常なし

3 検査実施状況

22日10時00分  家畜保健衛生所職員が農場に立入検査

         臨床所見の確認、疫学調査

23日12時30分  抗体検査陽性

       15時16分  遺伝子検査陽性

       18時25分 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究部門へ
        検体を搬送

24日5時20分  同研究部門は蛍光抗体検査の結果「陰性」と判定

4 今後の対応

当該農場の飼養豚については、引き続き注意深く経過観察を実施。

5 その他

  • (1)農場での取材は、疾病のまん延を引き起こす恐れもあることから、厳に慎むようお願いします。
  • (2)今後とも、本病に関する情報提供に努めますので、生産者等の関係者や消費者が根拠のない噂などにより混乱することのないよう、ご協力をお願いします。
  • (3)豚コレラは豚の病気であり、人に感染することはありません。また、感染豚の肉が市場に出回ることはありません。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部畜産課企画経営室

電話番号:043-223-2777

ファックス番号:043-222-3098

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?