サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 農業・畜産業 > 畜産 > 飼育動物の診療施設の開設届出手続について

更新日:平成29(2017)年8月18日

飼育動物の診療施設の開設届出手続について

  1. 飼育動物の診療施設の開設にあたっては、開設の日から10日以内に、県知事に届出が必要です。また、休止・廃止・届け出た事項を変更したときも、10日以内に届出が必要です。(獣医療法第3条)
  2. 診療施設の構造設備は、農林水産省令で定める基準に適合したものでなくてはなりません。(獣医療法第4条)
    ※構造設備の基準については獣医療法施行規則第2条をご覧ください。
  3. 届出の受付窓口は、県内に4ヶ所ある家畜保健衛生所です。(下表参照)

診療施設を新規開設する場合

届出に必要な書類

  1. 診療施設開設届出書
  2. 診療施設構造設備の概要書
  3. 診療施設の見取図(様式不問)
  4. 診療施設の案内図(様式不問)
  5. エックス線装置等設置届出書
    • エックス線装置の概要書
    • エックス線診療室見取図(様式不問)
    • エックス線量測定記録(様式不問
      ※注)エックス線量測定は、家畜保健衛生所では実施していません。
  6. 診療に従事する獣医師の獣医師免許証の写し
    ※注)原本との照合を行いますので、原則として原本を持参してください。
  7. 法人にあっては定款

届出様式のダウンロード

診療施設の届出事項に変更があった場合

下記の届出事項に変更があった場合は変更届が必要です。

開設者の氏名・住所、診療施設の名称、診療施設の構造設備、エックス線装置、管理者の氏名・住所、診療に従事する獣医師、診療の業務の種類、定款

※注)開設者が有限会社から株式会社へ法人格を変更した場合、診療施設の部分的な改築をした場合も変更届が必要です。

※注)開設者が、個人から法人、親から子、A氏からB氏、A社からB社(別法人)に変更となった場合、あるいは診療施設の移転、診療施設の全面的な改築・建替えを行った場合は、旧施設の廃止届出と新施設の開設届出が必要です。

届出に必要な書類

  1. 診療施設開設届出事項変更届出書
  2. 添付書類
    • 構造設備の変更の場合・・・診療施設構造設備の概要書、診療施設の見取図
    • エックス線装置に関する変更の場合・・・エックス線装置等変更届出書、エックス線装置概要書、その他必要な書類
    • 診療に従事する獣医師の変更の場合・・・新規採用獣医師の獣医師免許証の写し
      ※注)原本との照合を行いますので、原則として原本を持参してください。
    • 定款の変更の場合・・・新しい定款

届出様式のダウンロード

診療施設を廃止(休止・再開)する場合

届出に必要な書類

  1. 診療施設廃止(休止・再開)届出書
  2. エックス線装置等廃止届出書

届出様式のダウンロード

各家畜保健衛生所が所轄する市町村

各家畜保健衛生所が所轄する市町村については、下記のリンクを参照してください。

家畜保健衛生所一覧

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部畜産課家畜衛生対策室

電話番号:043-223-2938

ファックス番号:043-222-3098

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?