ここから本文です。

報道発表案件

更新日:平成31(2019)年3月29日

「千葉県大規模災害時応援受援計画」について

発表日:平成31年3月28日

防災危機管理部防災政策課

大規模災害時に、県内の被災市町村が避難所の運営や罹災証明書の交付などの、被災者支援を円滑に行えない場合、県や県外自治体等からの応援職員の派遣が必要となります。

このため、県では、国のガイドラインに基づき、既存の計画を修正し、人的支援に必要な体制や手続等を新たに定め、より迅速な初動体制の確立を図ります。

1.修正のポイント(新規項目等)

(1)対象業務及び時期

  • 対象業務:避難所運営、罹災証明書交付、市町村災害対策本部運営等(既存の応援調整の仕組みによらないもの)
  • 対象時期:発災直後から3か月程度

(2)体制の整備

  • 災害対策本部事務局内に専門部署として「応援受援班」を新設
  • 応援受援班は、国、他都道府県、被災市町村等との総合調整を担当

(3)被災市町村の支援ニーズを確実に把握するため、職員派遣を規定

  • 被災状況に応じ、災害対策本部事務局や支部(地域振興事務所)から職員を派遣

(4)応援職員のスムーズな派遣等のため、県独自の具体的手続を規定

  • 県職員の応援職員候補者を記載した「県内被災市町村応援要員等名簿」を新たに整備し、名簿を活用して人選

(5)県外被災自治体への人的応援に関する規定を整備

(6)計画名称の変更(旧「千葉県大規模災害時における応援受入計画」)

2.今後の取組

  • 各種訓練等を通じて、県計画の実効性の確保に努めてまいります。
  • 市町村に対しては、研修会を開催するなどにより、受援計画の策定が促進されるよう支援してまいります。

<参考>計画本文

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:防災危機管理部防災政策課政策室

電話番号:043-223-2163

ファックス番号:043-222-5208

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?