サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 防災・安全・安心 > 被害状況・被災者支援 > 被災者支援 > 【災害ボランティア車両に対する簡素化された手続きの利用が再開されました】令和元年台風15号・19号に伴う災害救助のために使用する車両の取扱いについて

更新日:令和元(2019)年12月11日

【災害ボランティア車両に対する簡素化された手続きの利用が再開されました】令和元年台風15号・19号に伴う災害救助のために使用する車両の取扱いについて

【災害ボランティア車両に対する簡素化された手続きの利用が再開されました】

有料道路管理者との協議により、12月6日金曜日19時以降、災害ボランティア車両に対する簡素化された手続きの利用が再開されました。

期間

令和元年9月17日(火曜日)から令和元年12月31日(火曜日)まで

対象車両

  1. 自治体が災害救援のために使用する車両
  2. 災害ボランティア活動であって、被災した自治体等が要請・受入承諾したものに使用する車両

料金免除措置を行う有料道路管理者

東日本高速道路株式会社、首都高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社、西日本高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社、各地方道路公社

利用の流れ

(1)災害ボランティア活動を行う車両

【往路】

  1. NEXCO東日本ホームページに掲載されている証明書(別ウインドウで表示)外部サイトへのリンクを印刷し、必要事項を記入
  2. 高速道路・有料道路を利用時、入口料金所の一般レーンにて通行券をお取りいただき、被災地の指定IC(出口料金所)にて顔写真付きの本人確認書類を提示のうえ、証明書を係員に提出

【復路】

  1. ボランティア活動終了後、証明書にボランティア活動をした社会福祉協議会等の「活動確認」の押印を受ける
  2. 高速道路・有料道路を利用時、被災地の指定IC(入口料金所)の一般レーンにて通行券をお取りいただき、出口IC(出口料金所)にて顔写真付きの本人確認書類を提示のうえ、証明書を係員に提出

※注意事項等はNEXCO東日本ホームページ(別ウインドウで表示)外部サイトへのリンクを確認してください。

※往路の出口IC、復路の入口ICに制限があります。様式に記載されているIC以外での無料措置はできません。

※有料道路のみを利用される場合、「入口IC」及び「出口IC」欄を朱書き修正してください。

※ボランティアの募集状況、「活動確認」の押印場所等は、各市町村社会福祉協議会にご確認ください。

※ホームページから証明書の取得が難しい場合は、お近くの自治体にご相談ください。

(2)災害派遣等従事者用証明の申請書(自治体車両等)

【往路】

  1. 災害派遣等従事車両証明の申請書(ワード:44KB)
    災害派遣等従事車両証明の申請書(PDF:60KB)を取得し、必要事項を記入
    ※事前に往復の使用路線及びICについてご確認ください。
    ※証明書は通行料金を支払う料金所ごとに必要となるため、走行経路により必要な往復分の枚数を取得してください。
  2. 各交付窓口にて証明を受ける
    • <交付窓口>
    • ア. 千葉県防災危機管理部危機管理課
    • イ. 千葉県内の各市町村の窓口
      各市町村に受付状況についてお問い合わせください。
    • ウ. 最寄りの都道府県庁・市町村の窓口
      各都道府県庁・市町村に受付状況についてお問い合わせください。
  3. 高速道路・有料道路を利用時、被災地の指定IC(出口料金所)にて、証明書を係員に提示

【復路】

  1. 高速道路・有料道路を利用時、指定したIC(出口料金所)にて、証明書を係員に提示

注意事項

  1. ETCのご利用はできません
  2. スマートインターチェンジからの流入、流出はできません。

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:防災危機管理部危機管理課災害対策室

電話番号:043-223-2175

ファックス番号:043-222-1127

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?