サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 防災・安全・安心 > 災害への備え > 防災訓練 > 平成29年度千葉県消防広域応援隊合同訓練の実施結果について

更新日:平成30(2018)年2月8日

平成29年度千葉県消防広域応援隊合同訓練の実施結果について

大規模災害の発生に伴う甚大な被害の軽減を図るため、県内消防機関で編成される「千葉県消防広域応援隊」(※)の技術及び連携活動能力並びに医療機関との連携・支援活動能力の強化を目的として被災者の救出・救助、救護訓練等を実施しました。

※「千葉県消防広域応援隊」とは
県内で大規模災害等が発生した場合、知事の指示により、県内消防(局)本部の消防隊、救助隊で組織され、被災地市町村へ出動する広域応援部隊をいいます。

1、実施日時・場所

(1)応援要請訓練・参集訓練・宿営訓練

  • 訓練日時:平成30年1月26日(金曜日)午前8時30分~翌日午前8時00分
  • 訓練会場:千葉市消防総合センター(千葉市緑区平川町1513-1)

(2)応受援図上訓練

  • 訓練日時:平成30年1月26日(金曜日)午前8時30分~午後12時00分
  • 訓練会場:船橋市消防局(船橋市湊町2-6-10)

(3)実動訓練(部隊運用訓練)

  • 訓練日時:平成30年1月27日(土曜日)午前9時00分から午前11時00分
  • 訓練会場:千葉県消防学校(千葉市中央区仁戸名町666-2)

2、訓練想定

平成30年1月26日(金曜日)午前8時30分に千葉県北西部を震源とした直下地震が発生。
船橋市で建物倒壊等により多数の負傷者、火災等、甚大な被害が発生。
知事は、千葉県消防広域応援隊の出動を指示し、各消防本部は船橋市(※)に出動して消防活動を実施する。
(※)千葉県消防学校を船橋市と想定

3、参加機関等

(1)主催

千葉県

(2)共催

千葉県消防長会、公益財団法人 千葉県消防協会

(3)参加機関

  • 県内31消防(局)本部78部隊、294名
  • 災害派遣医療チーム(千葉県DMAT)2チーム10名
    (船橋市立医療センター1チーム6名、国立病院機構千葉医療センター1チーム4名)

4、日程

別紙1「千葉県消防広域応援隊合同訓練日程表」(PDF:62KB)参照

5、主な訓練項目

(1)応援要請訓練・参集訓練・宿営訓練

  • 災害発生時の応援要請及び応援手順に従い応援要請訓練を実施。
  • ブロック各に定められた手順に基づき、活動拠点への参集訓練を実施。
  • 被災地を想定し、自己完結型の宿営訓練を実施。

(2)応受援図上訓練

  • 被災地想定である船橋市消防局へ千葉県消防広域応援隊統括指揮隊(千葉市消防局)が出動し、応受援図上訓練を実施。

(3)実動訓練

  • 千葉市消防局航空隊及びドローンによる情報収集、ホイスト救助訓練を実施。
  • 高速道路上における多重衝突事故を想定した救出救護訓練を2ブロック合同で行い、ブロック間における連携した活動を実施。
  • 千葉市消防局航空隊による林野火災消火訓練を実施。
  • 多数傷病者に対するトリアージや搬送優先順位の決定等、DMATと連携した活動を実施。

6、訓練総評要旨(県防災危機管理部長)

千葉県消防広域応援隊は、大規模災害発生時に県内の消防力を結集させ、県民の生命、身体、財産を守る要である。今後もDMATをはじめとした関係機関との連携を強化し、今回の訓練で得た知識と経験を糧として、いつ発生するか分からない大規模災害に備えて職務に精励してほしい。

7、訓練の様子

各部隊参集

宿営テント設営状況

応受援図上訓練

高橋副知事による激励

高橋副知事による巡視活動

千葉市消防局航空隊によるホイスト救助訓練

多重衝突事故救出救助訓練

多重衝突事故救出救助訓練その2

多重衝突事故救出救助訓練その3

林野火災消火訓練

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:防災危機管理部危機管理課災害対策室

電話番号:043-223-2175

ファックス番号:043-222-1127

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?