ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > 食生活 > ちばの食育 > おいしいちば > おいしい野菜や果物等(なし・トマト・落花生)の選び方

更新日:令和3(2021)年2月2日

ページ番号:575

おいしい野菜や果物等(なし・トマト・落花生)の選び方

お店で野菜を買うとき、見た目の美しさだけで選んでいませんか?

千葉県では、県の代表的な野菜や果物など21品目のおいしく食べるヒントやミニ知識(ちしき)を満載(まんさい)した「おいしい野菜や果物等の選び方」を作成しました。ここでは、この冊子(さっし)の中からなし・トマト・落花生(らっかせい)について紹介(しょうかい)しています。食材を選ぶ知識(ちしき)から、おいしい「食」を楽しみましょう。

ジューシー果汁、サクサク歯ざわり味が自慢の千葉のなし

おいしいなしの選び方

  1. 上から見たときに、果形が正円に見えるもの
  2. 大玉のもの
  3. 果皮に張(は)りがあり、硬(かた)くずっしりと重いもの

上手な保存(ほぞん)方法

夏期に収穫(しゅうかく)され流通するなしは、日持ちの良いものではありません。購入(こうにゅう)したらすぐに冷蔵庫(れいぞうこ)に入れ、早めに食べきるようにしましょう。箱入りのものは、すぐに箱から出して保冷(ほれい)しましょう。

千葉でなし栽培(さいばい)が盛(さか)んな理由

なしの写真青なしの「二十世紀」は、明治21年頃(ごろ)に松戸市で発見されました。まさに、千葉が「なしの適地(てきち)」を証明(しょうめい)する出来事です。現在(げんざい)、千葉県は栽培(さいばい)面積、産出額(がく)とも日本一のなしの産地になっています。

トマトが赤くなると医者が青くなる

おいしいトマトの選び方

  1. へたギリギリまで赤く熟(じゅく)しているもの
  2. 果実に張(は)りがあり、持ってみてずっしりと重いもの
  3. へたが緑色でピンと張(は)っていて、切り口が新鮮(しんせん)なもの

上手な保存(ほぞん)方法

緑色が幾分(いくぶん)残っているものは、常温(じょうおん)で熟(じゅく)させてから冷蔵庫(れいぞうこ)に入れます。

茶まんじゅう

トマトの写真まれに茶色がかった色をしたトマトを見かけますが、これは「茶まんじゅう」といって大変おいしく、トマト通に珍重(ちんちょう)されています。

千葉の名産といえば落花生

おいしい落花生(らっかせい)の選び方

  1. 必ずしも、さやがきれいな落花生(らっかせい)がおいしいとは限(かぎ)らない
  2. 実は、しわが無く、渋皮(しぶかわ)の色が濃(こ)くはっきりしているもの

上手な保存(ほぞん)方法

保存(ほぞん)方法が悪いと、脂肪(しぼう)が酸化(さんか)して風味が落ちてしまいます。さやつきを購入(こうにゅう)した場合は、すぐにむき実にして容器(ようき)に密閉(みっぺい)して冷蔵庫(れいぞうこ)に入れて保存(ほぞん)してください。

落花生(らっかせい)の品種

落花生の写真代表的な品種として、「ナカテユタカ」と「千葉半立(チバハンダチ)」があります。「ナカテユタカ」は歯触(はざわ)りがよく、さっぱりした味で煮豆(にまめ)などに適(てき)します。「千葉半立(チバハンダチ)」は脂肪(しぼう)が多く、コクのある甘みを持っています。煎(い)り豆、味噌(みそ)ピーナッツなどに適(てき)します。その他、ゆで豆用品種として「郷(さと)の香(か)」があります。

なし・トマト・落花生以外の食材の選び方は「おいしい野菜や果物等の選び方」のページを御覧ください。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部安全農業推進課食育推進班

電話番号:043-223-3092

ファックス番号:043-201-2623

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?