ここから本文です。

更新日:令和3(2021)年6月29日

ページ番号:574

千葉 伝統・郷土の味

千葉 伝統・郷土の味

房総(ぼうそう)半島は、海と川に囲まれ、温暖(おんだん)で肥沃(ひよく)な耕地(こうち)に恵(めぐ)まれています。このような気候風土や生活の知恵(ちえ)から育まれてきた伝統(でんとう)・郷土(きょうど)の味。皆(みな)さんも郷土(きょうど)の食文化を見つめてみませんか。

ここでは、ちばのふるさと料理から代表的なものを掲載(けいさい)しています。作り方やこのほかの料理については、「ちばのふるさと料理」をご利用ください。

太巻(ふとま)き寿司(ずし)

太巻き寿司の画像古くから冠婚(かんこん)葬祭(そうさい)や集まりの時のごちそうとして受け継(つ)がれ、千葉の郷土(きょうど)料理を代表するものです。「具を芯(しん)にして巻(ま)く」という技法(ぎほう)が原点になって、その時代の農産物や海産物などの食材を活かして冠婚(かんこん)葬祭(そうさい)や地域(ちいき)の集まりで作られ、家庭のなかでも伝えられてきました。その後、日本型食生活の見直しとともにこの太巻(ふとま)き寿司(ずし)が注目され、技術(ぎじゅつ)の掘(ほ)り起こしと多彩(たさい)な巻(ま)き方の創作(そうさく)・伝承(でんしょう)活動により、広く現在(げんざい)に受け継(つ)がれています。

性学(せいがく)もち

性学もちの画像うるち米を粉にしないで、米状(こめじょう)のまましんこもちをつくる方法で、別名をつきぬきもちともいいます。

製粉(せいふん)にする手間や、保存(ほぞん)のわずらわしさがなく、味の良さでも好評(こうひょう)です。この方法は、江戸(えど)時代末期に大原幽学(ゆうがく)が伝えたとされ、香取(かとり)、海匝(かいそう)地域(ちいき)を中心に広まり伝承(でんしょう)され続けています。

はば雑煮(ぞうに)

はば雑煮の画像はば(波葉)は房州(ぼうしゅう)産の海草でうすい塩味があり浅草のりとは違(ちが)った独特(どくとく)の風味があります。

「はばをかけた雑煮(ぞうに)でないと正月のような気がしない」、「はばをかけて誰(だれ)はばからず食べたい」などと言われているほどで、遠く故郷(ふるさと)を離(はな)れた人たちの郷愁(きょうしゅう)を呼(よ)ぶ食べ物です。

鳥雑炊(とりどせ)

鳥雑炊(とりどせ)の画像正月やお祭り、集会など人寄(よ)せのときの食事としてつくられた郷土(きょうど)食です。昔はどこの農家でも鶏(にわとり)を飼(か)っていたので、行事のときには、鶏(にわとり)料理が多くつくられました。

骨(ほね)はよくたたいて、だんごにして使う伝統(でんとう)的な料理で、木枯(こが)らしの吹(ふ)く寒い夜にはからだの芯(しん)まで温まるおいしい雑炊(ぞうすい)です。

菜の花のからし和え

菜の花のからし和えの画像千葉の県花は「なのはな」。安房(あわ)地域(ちいき)では古くから切り花として生産されてきました。食卓(しょくたく)に春を告げる野菜として、千葉県の特産野菜になっています。

落花生(らっかせい)みそ

落花生みその画像落花生(らっかせい)には脂肪(しぼう)、たんぱく質(しつ)などの栄養素(えいようそ)が豊富(ほうふ)に含(ふく)まれることから、今ほど食料が豊富(ほうふ)でなかった時代、産地では保存(ほぞん)食として落花生(らっかせい)みそを切らすことが無かったといわれるほど重宝(ちょうほう)され、親しまれてきました。落花生(らっかせい)の香(こう)ばしさとみその味がよく合い、ごはんのおかずやお茶うけに喜ばれています。

いわしのつみれ汁(じる)

いわし団子のつみれ汁の画像飯岡(いいおか)町では、あぐり舟(ぶね)でいわしがたくさんとれていたため、いろいろないわし料理が考えられました。いわし団子(だんご)は簡単(かんたん)にできるので大昔から引き続いてつくられています。

あぐり・・・いわしをとる網漁(あみりょう)(あぐり網(あみ)、あぐり舟(ぶね))

あじのさんが

あじのさんがの画像千葉県の海岸線で昔からつくられている代表的な郷土(きょうど)料理です。さば、いわし、あじなどの魚を包丁でたたいて、香味(こうみ)野菜、味噌(みそ)を加えて焼きあげます。

鯨(くじら)のたれ

鯨のたれの画像鯨(くじら)の赤身をたれ(調味液(えき))に漬(つ)け込(こ)んだあと干(ほ)した、千葉県伝統(でんとう)の水産加工の一つです。軽くあぶり裂(さ)いてお召(め)し上がりください。

olumn大浦(おおうら)ごぼう

太さ30cm、長さ1m、重さは4~5kgほどになり、輪切りにした断面(だんめん)は楕円(だえん)形で中心に空洞(くうどう)があります。八日市場市大浦(おおうら)地区の粘土質(ねんどしつ)土壌(どじょう)がこのごぼうを育てるのに適(てき)しており、他地区で栽培(さいばい)してもこのような生育はみられないといいます。成田山新勝寺では縁起(えんぎ)物として「坊入(ぼういり)」という精進(しょうじん)料理に使用され、珍重(ちんちょう)されています。

もっと知りたい方はこちら(つくり方も掲載してあります)

ちばのふるさと料理

 

お問い合わせ

所属課室:農林水産部安全農業推進課食育推進班

電話番号:043-223-3092

ファックス番号:043-201-2623

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?